「食」や「ライフスタイル」を中心に役に立つ情報を発信します。

元調理師でコンビニ食品の開発者しています。

ライフスタイル

個人で始める働き方改革

更新日:

今日は「働き方改革」について。

政府が行う労働環境の改善を

待つだけでなく

個人個人でできることも多いのではと考えます。

個人で始める働き方改革

「働き方改革」とは

 政策任せではなく

 個人個人で自分にあったワークスタイル、環境

 職種に変えていくことだと思っています。

スポンサーリンク

自分の経験から

こう思ったのは自分の経験からです。

ここからは個人的な意見になりますので

ご了承ください。

私は子供の頃から「料理」が好きで流れのまま

調理師になりました。

調理師を5年ほどして現在は

コンビニ、スーパーなどの商品開発を

しているのですが

同じ「食」関係の仕事といえど

畑違いの仕事ではあったわけです。

スポンサーリンク

転職して叶えたかったこと

転職してでも叶えたい事がありました。

ちなみにこちらでした。

・休みを増やしたい

・体ではなく頭を使う仕事がしたい

・給料を上げたい。

・社会人としてマナーを学びたい

・自分の商品を作りたい

大なり小なりありますが

全部叶えることができました。

今までの経験が行かせたからだと思っております。

スポンサーリンク

転職後はどうだったか

勉強することは沢山あるわけで

社会人マナー(調理師は雑だった。笑)、

パソコンの使い方から始まり、

商品の組み立て方、添加物の使い方など

今も覚えている最中です。

しかしながら入社して1年ちょっとですが

大きな仕事を何本か決めることもでき

自分の商品を全国に販売することができました。

調理師の経験が役に立つ職種を

選んで転職したこともあり

最初は苦労した覚えがありますが

大きなストレスなく順調に

仕事ができています。

料理の中でも

特に「レシピを組み立てること」は

好きで自信があった部分だったのです。

経験を活かせる=給料アップなので

どう良くなりたいのか?を考えて

自分中心に転職するのではなく、

「その企業で何ができるのか。」

第一に考え、その上で自分の要望を

なるべく通してくれる会社に入りました。

転職で成功するには

勝手ながら自分の転職は成功だと思っています。

転職で心から成功、良かったと思える人って

全体の3割前後と聞いたことあるのですが

転職で失敗する方は

自分の希望が叶えられるかばかり

考えているのではないでしょうか。

転職で成功するにはこのような要素が必要だと考えます。

・その企業で必要とされるスキルを持っているか。

・自分の好きな仕事であるか。

・現状の生活環境を大きく変えることはないか。

・自分にとっての最大の希望を叶えてくれるか。

それぞれ解説していきます。

その企業で必要とされているスキルを持っているか

未経験の分野か経験者の分野によって

違ってきますが

同じ業界を渡る場合

前職でやってきたことが面接時に

聞かれることだと思います。

その会社で仕事をしている自分が

すぐにイメージできるようであれば

良いと転職先になると思います。

また20代で未経験のOKの会社に

入社する場合は社会人としてのマナーであったり

社員と仲良く、仕事に取り組む姿勢だったり

スキルアップの向上心が求められてくるはずです。

自分の好きな仕事であるか

「好きこそ物の上手なれ」ということわざがあるように

どんな人でも好きなものに対しては熱心に努力するので、

上達が早いので好きな仕事であると

メリットも多いですし

メンタル的にも安定します。

自分のスキルが上がりやすいので

給料アップに繋がりやすいですし

次の転職時に強力な武器になります。

逆にあまり好きでない仕事、

例えば給料などで選んだり

なんとなく入ってしまった方は

本気で好きになるってことは中々難しい

のではないでしょうか。

好きでない仕事で昇進すると

さらなる重りになり、より苦しくなります。

好きな仕事をすることは人生的に見ても豊かに

なる1つの要素ではないでしょうか。

好きなものが思い浮かばない方は

過去の学生時代などの嬉しかった思い出や

続けてきたことを考えて下さい。

また、職種ではなく職種のワークスタイルが

好きだからってのもありだと思います。

例えば極端ですが「夜型人間」の方は

夜勤の多い仕事を選ぶとかです。

現状の生活環境を大きく変えることはないか

慣れ親しんだ生活環境が

ガラッと変わるとかなりのストレスや疲れに繋がりますよね。

転職先で集中して新たな仕事に取り組むには

自分のコンディションが整っていなければ

なりません。

なるべく、引越しや働く時間などを

大きく変えないようにした方が良いです。

ただでさえ新しいことをするってことは

ストレスを感じるので。

自分にとっての最大の希望を叶えてくれるか

とても重要な要素です。

仕事をする上でのモチベーションに繋がるので

ここは譲れないって箇所は曲げないで下さい。

ただ何個も自分の要望があると

中々転職先が見つからないと思いますし

苦労します。

ここだけは叶えたいって要望を

1つ決めてそれを優先的に考えて下さい。

まとめ

個人的に「転職」は賛成ですが

リスクも大きいです。

今日の記事を通じて

本当に転職した方が良いのか

まず考えて頂けたら幸いです。

その人が自分らしく働けることが

一番だと思います。

スポンサーリンク

-ライフスタイル

Copyright© 元調理師でコンビニ食品の開発者しています。 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.