指揮者タイプ

こんにちは。

自己診断テストのタイプの1つである

「指揮者タイプ」の方の

性格、特徴、向いている仕事をみていきます。

自己診断はこちらから受けられます。

指揮者タイプ

このタイプの方は

才能があり、決断を下すのが得意です。

物事を色んな面から見る事ができ、

素早く判断し可能性を見いだす事ができます。

スポンサーリンク

どんな性格?

「指揮者タイプ」の方は

一人の人間の力の限界をよく知っており

目標達成の為の方向性や人への指示の仕方を

熟知しています。

非常に論理的で、また分析的であるので

ゴールへの筋道を立て

その上、状況状況での問題にも

対処できるよう分析して進めます。

また本質を見抜く能力も高く

方向性のズレを修正したり、

問題点を見出し、解決策を素早く提案できます。

複雑な問題に直面しても

自分のスキルアップだと思い

前向きに懸命に取り組みます。

現実的で論理的な根拠がない限り

基本的に納得しません。

自分が関わったものには責任をもち、

他人の意見を快く受け入れ、自分の

見解も分かり易く伝える才能があるので

組織やチームを上手にまとめあげる事が

出来ます。

スポンサーリンク

苦手なことは?

「指揮者タイプ」の方は

新たな事に挑戦したい、ステップアップしたい、

大きな目標を達成したいなど

向上心が強い為、決断をよく考えずに

下してしまう事があります。

気持ちに余裕を持ってしっかりと考えた上で

行動を起こすと良いでしょう。

情報収集にも時間をかけ、状況を

よく分析した状態で判断すると失敗も少なくなります。

相手の欲求や行動、考えが論理的に筋が

通っていなければ納得がいかず

批判的になることもあります。

成功するたびに心の底で

周囲の人間を低く感じる気持ちが

大きくなるので感謝の気持ちを表現し

自分一人の成果ではないことを

しっかり理解しよう。

そうでないと周囲が離れていき

自己主張が多い一匹狼になってしまします。

「指揮者タイプ」の方は

能力が高そうに見えますが意外にも

能力や経験が浅い場合があります。

引っ張る能力は高いですが

職人的な技術や周囲を

フォローする能力はそれほど高くないので

周囲の力があってこそと考えていくと

良い結果が得られます。

スポンサーリンク

適した職場環境

こちらの要素があなたの適した職場環境です。

要素が多いほど適した環境になります。

・自分がリーダーとなり、主導権を握り、組織管理、
 仕事の割り振りなどを自分の判断で行える。
 責任はあるが自分の思い通りに進められ成果に
 繋げられる。

・組織の中で成長し、昇進する機会がある。
 自分の能力を伸ばし、披露する機会がある。

・仲間と切磋琢磨しながら挑戦しがいのある
 仕事に打ち込める。

・目標に向かってチーム一丸になれ、
 成果を認められやすい環境で
 評価に応じた報酬を得る事ができる。

・有能で、興味深く、影響力を持った人たちと
 接する事ができ、刺激的な経験を
 積む事ができる。

・上下関係がしっかりしており
 個人の役割が明確になっている。

・部下を管理し、監督できる。
 論理的で客観的な基準のものに
 各個人がもつ才能や能力を十分に活かせる。

転職で成功するには

「指揮者タイプ」の方が

転職で成功する為に活動中はこちらを

意識してみてください。

・その企業を通じて
 自分に一番足りないものが
 学べるか。

・焦らないために時にペースを落とし
 細かな情報や事実を見落とさず
 考えた上で判断する

・関心を持っている業界について
 とことん調べ、業界の人の
 意見を直接聞く。

まとめ

「指揮者タイプ」の方は

人をまとめ上げたり、

問題解決能力が高いので

どんな手順、方法で物事を

進めていけば良いか素早く判断できます。

ですがそれにそぐわない人、

筋が通っていない人には

意見を押し付けてしまい

批判的になりがちです。

もっと広い視野を持ち

人を引っ張るだけでなく

個人個人の能力を引き出したり

マネージメントする能力を

伸ばすと良いです。

能力の高く、成果を多く上げてきた人ほど

エスカレーター式の企業ではなく

実績で自分の能力を認めてくれる環境に

身を置くべきです。

このタイプの方は

1つの企業にずっといるよりも

転職をしながら自分のスキルアップをし、

色々と吸収しながら成長していく、

もしくは独立する事がベストな方向性と

言えます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください