「食」や「ライフスタイル」を中心に役に立つ情報を発信します。

元調理師でコンビニ食品の開発者しています。

ライフスタイル

仕事のストレスで疲れ切っているあなたが考えるべきこと

更新日:

こんにちは。

「ストレス社会」とも言われる現代社会、

「ストレスで頭がどうにかなりそう」って方

またそこまでではないですが

「仕事のストレスをどうにかしたい。」

と思っている方多いはずです。

そんな悩みを解決するために

考え方についてお話しします。

仕事のストレスで疲れ切っているあなたが考えるべきこと

毎日ため息ばかり、

仕事終わったらクタクタで

何もやる気がしないって方多いですよね。

ストレスが溜まると

甘いものをたくさん食べたり、

体を動かし汗を流して

スッキリしたり、映画を見たりなど

その人その人のストレスを

軽減させるために色んな行動を

取ると思います。

しかしながら、日々それを繰り返すばかりで

ストレスの原因の対処にはなりません。

仕事上、色んなストレスがあるとは思いますが

解決するには当たり前のことですが

大きく2つあり紹介します。

1、考え方、捉え方を変えて
   仕事のストレスを感じにくくする

2、自分に合った環境に移り
  仕事のストレスを減らす

スポンサーリンク

考え方、捉え方を変えて仕事のストレスを感じにくくする

考えれば当たり前のことですが

効果があることです。

この方法は色んな本でも

取り上げられるテーマなので

知っている人も多いと思いますが

考え方、捉え方を変えることによって

気持ちが前向きになったり

不安が和らいだりすることはあります。

その人の性格にもよってきますが

ある程度効果がある方法だと思います。

本を読んでこれまでの過去の経験を

踏まえ、腑に落ちることができれば

すんなりと見方を変えられますが

なかなか一般の人は

本を読んだだけでは

変われないのではないでしょうか。

軽度のストレスであれば

効果的だと思います。

ですがネチネチした上司、パワハラなど

「この人はこういう人だから。。」と

割り切ることができる人でも

状況が続くことによって

ストレスは蓄積し、

怒りが爆発してしまったり

涙が止まらなくなることがあります。

特に溜め込む性格の人によくあります。

精神的に無理だと思ってしまったら

その場を逃げることを考えるべきです。

恥ずかしがらず自分が楽になる方へ

向かうべきです。

色んな人にあって色んな生き方をみるのも

いいですし、自分よりも貧しい生活で

頑張っている人をみて勇気付けられても

いいと思います。

一番良くないのは

我慢を繰り返し、

うつ病になってしまったり慢性的に精神不安定に

なってしまうことです。

完全に直すまで驚くほど時間がかかります。

その場だけでなくもっと長く苦しむことになるのです。

そうならないで下さい。

仕事だけが人生ではないですし

生活するための仕事であれば

色んな選択肢があると思います。

少しですが日々、気持ちが楽になる方法を

お伝えしようと思います。

将来の自分の明るいイメージを持しながら働く

ことです。

それも嫌な上司や同僚、後輩のいない

環境にいる自分を想像するのです。

将来的に実現可能なイメージであるほど

良いです。

個人的によく見ていた動画があるので

お時間ある方は見てください。

少しでも改善に繋がれば嬉しいです。

スポンサーリンク

自分に合った環境に移り
仕事のストレスを減らす

どちらかと言うと

こちらの方法の方が

手っ取り早く大きく変わります。

職場内で移動するのか

転職するのかなど

大まかにこの2つになると思います。

もちろん環境を変えるときは

ストレスはありますが

自分にとって心地よい環境になれば

これまでの仕事のストレスが嘘のように

無くなりますし、

日々も楽しくなるはずです。

ただ、環境を変えたからと

いって自分に合わないタイプの

人がいないとは限りませんし

正直移ってみないとわからないですよね。

そこで事前に自分の状況を客観的にみて

何が原因なのか、何を解決したいのかなど

まとめておく必要があると思います

こちらを参考に少し考えてみてください。

自分の状況を把握、
今後を判断していく為のチェック項目

・この状況で自分は何が辛いのか?

・この状況になった原因、経緯は?

・この状況は一時的なのか永続的なのか?
 変わる、変えることはできそうか?

・過去に同じような状況を乗り越えたことは
 あるか?
 あった場合はどんな方法で解決したか、
 その体験で何を感じたのか?

・この状況が続くことによる自分への
 メリット、デメリットは何か?

・これから一番初めにどんな行動をするべきか?

・今後の方向性を考える上で時間が必要か?

スポンサーリンク

まとめ

その人によって解決の仕方、

求めていることが違ってくるので

一概にこれが良いとは言えないのですが

自分を大切に思い、

自分の気持ちに正直になることで

自分の進むべき方向性が

定まってくるのではないでしょうか。

日々大変ですが明日もほどほどに頑張りましょう。

スポンサーリンク

-ライフスタイル

Copyright© 元調理師でコンビニ食品の開発者しています。 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.