「食」や「ライフスタイル」を中心に役に立つ情報を発信します。

元調理師でコンビニ食品の開発者しています。

「食」に関して ライフスタイル

4つの栄養素で「老化」を抑え、体の内側から綺麗になろう

更新日:

こんにちは。

先日に引き続き「老化について」話していこうと思います。

老化を抑え、体の内側から整えていくことで

病気になりにくくなるだけではなく

疲れにくくなったり、良く眠れたり、

肌が綺麗になるなど良いことづくしです。

ぜひ今回の内容を普段の生活に取り入れつつ

元気な毎日を送ってください。

4つの栄養素で老化を抑え、体の内側から綺麗になろう

前回の記事で「老化」の原因についてまとめました。

もし良かったら根本的なことから

知ってもらうために見てみて下さい。

見た目が老けてもいいよって方でも「老化」を

抑えることは体調を整えることに繋がるので

とても大切なのです。

普段の食生活を少し見直すだけでも

効果を感じることが出来るでしょう。

スポンサーリンク

抗酸化作用のある食品を取ろう

体を「老化」させないためには体内での「酸化」を

防ぐことが大切です。

「酸化」することで体内の細胞がダメージを受け

最悪の場合、機能しなくなります。

「酸化」の原因であるフリーラジカル(活性酸素など)を

体内で抑えることが大切になってくるのです。

そのために体の「酸化」を防いでくれる「抗酸化作用」の

ある食品を定期的に取ることは重要なのです。

フリーラジカル(活性酸素など)は病気の原因になるので

「老化」だけでなく健康で長生きするには

上手に付き合っていかなければなりません。

ここから抗酸化作用のあるものについて

話していきます。

ビタミンA

抗酸化作用のあるビタミンの1つです。

特に目や皮膚の細胞に良い影響があることが

わかってきており効果が期待できます。

具体的な食材ですと

レバー、卵、ウナギ、チーズ、牛乳などに含まれています。

レバーだと串で一本くらい、卵だけだと4、5個になるので

同じような働きをしてくれる

カロテン(α、β)もバランスよく摂取することで

不足を防ぐことができます。

カロテン(α、β)は

人参、プロッコリー、かぼちゃ、パプリカ、ピーマン、

芽キャベツ、トマトなど緑葉色野菜に含まれています。

茹で人参だと60gくらい、かぼちゃだと80gの摂取を

目安にすると良いかと思います。(一口大で4、5個くらいです。)

カロテン(α、β)はビタミンAと違って

熱に弱いので流失しやすいので

スープなどで液ごと摂取できると良いです。

ビタミンC

ビタミンの中でも非常に強い抗酸化作用があります。

またビタミンEやβ−カロテンをリサイクルする作用も

あるので効果的に体内の「酸化」を防いでくれます。

ビタミンCは水溶性ビタミンなので

蓄えることが出来ず定期的に取ることが重要です。

含まれる食材は

グレープフルーツ、レモン、ゆずなどの柑橘系、

キュウイフルーツ、いちごなどのフルーツ、

ブロッコリーやパプリカなどの緑葉色野菜に含まれます。

柑橘系のジュース(濃縮還元)ですとものにもよりますが

だいたいコップ2〜3杯程度を1日のうちにこまめに

取るのが良いです。

生のフルーツですと

キュウイフルーツなら2個、いちごなら10個くらいが

目安量になります。

ビタミンCもカロテン(α、β)と同じく熱に弱いため

生食が適しています。

ビタミンE

別名「若返りのビタミン」とも呼ばれ

体内の血流を良くする効果が期待できます。

血流を良くすること、抗酸化作用があることから

摂取しない手はないです。

含まれるものとしては

ピーナッツ、アーモンドなどのナッツ系、

菜種油やマーガリンなどの油脂に多く含まれています。

アーモンドだと20粒程度が1日の目安量です。

グルタチオン

あまり聞き馴染みないかもしれないですが

グルタミン酸、グリシン、システインの3つのアミノ酸が

結合してできたものです。

アミノ酸はタンパク質を摂取することで

体内で分解吸収し取り入れることができます。

「グルタチオン」は抗酸化作用だけでなく

ビタミンCが酸化するのを防いだり、

食品添加物や有害物質の解毒を肝臓で行います。

含まれる食品は

アスパラガス、ブロッコリー、ほうれん草、かぼちゃ、

トマトアボカド、オレンジ、グレープフルーツ、

いちご、レバー(牛、豚、鶏)などに含まれます。

特にレバーは野菜や果物の10倍ほど含まれており

その他だとアスパラガス、アボカドが

含有量が多いです。

グルタチオンは熱に弱く、溶け出しやすい為

ボイル時間を短くするなど

なるべく加熱時間や過度な加熱は控えた方が

いいです。

グルタチオンは美白効果や二日酔い、

難病パーキンソン病にも効果があると言われております。

厚生労働省によると食材での過剰摂取による

悪影響はないそうです。

それよりも長生きする人は血中濃度のグルタチオンが

高い傾向があることがわかりました。

こまめに摂取することで大切なので

ぜひ上記食材を上手に取り入れて見て下さい。

グルタチオンが多く含まれるアスパラガスの青汁も

手軽に飲めますし、他の栄養素も摂取できるので

おすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は4つの栄養素を中心に話しましたが

基本的にバランスの良い食事が「老化」を

防いでいきます。

現代は健康ブームですが、だからと言って

野菜ばかりの食生活でも必要な栄養素は

不足してしまいます。

大豆からだけではなく、魚や肉から

良質なタンパク質を取っていくことも大切です。

スポンサーリンク

-「食」に関して, ライフスタイル

Copyright© 元調理師でコンビニ食品の開発者しています。 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.