コンビニ食品でダイエット!!可能なの?に答えます

こんにちは。

私はコンビニ食品の開発を担当しているのですが

便利な「コンビニ食品」を利用してダイエットに

活かすことができるので

ダイエットをしている方、検討している方に

役に立てばと思います。

普段ついつい食べ過ぎたり

今日はいいかと思うままに食べてしまって

体重計を見て後悔する方少なくないと思います。

ダイエットを始める方はいろんな目的があるとは

思いますが、見た目を気にして始めるケースが

多いと思います。

健康的な適正体重に近づけることは見た目以外にも

体にとってとても良い状態で

疲れにくく風邪を引きにくい状態です。

ただ現代はとても忙しく、仕事だけでなく

やりたいことも多いので

痩せるための食事を考えたり調理をすることが

面倒だと感じることも少なくないと思います。

そんな方でも利用しやすい「コンビニ食品」で

「ダイエット」をするための食品を紹介していきます。

ただ、「コンビニ食」に問わず偏った食事は

ダイエットに悪影響を及ぼす

「代謝」を下げる原因になるので気をつけてください。

コンビニ食でダイエット!!可能なの?に答えます

結論から言いますと「可能」です。

ただコンビニで闇雲に健康そうなもの(サラダやスープなど)を

選べばいいとは限りません。

きっとこれを見ている方は

何かしらのダイエット、○○ダイエットなど

した経験あると思います。

ダイエットをする時、カロリーや糖質の低いものを

選ぶことに目を向けることが多いと思いますが

それと同時に代謝を整えて痩せやすい状態に

してあげることも重要なのです。

食生活が整い代謝が上がればリバウンドも

しにくくなるでしょう。

まずはあなたの適正体重を知ることから始めましょう。

太っていると思っていても実は適正の範囲内である

可能性もあります。

詳しく書かれているサイトがありましたので

こちらを参考にしてみてください。

いかがでしょうか。

適正体重に収まっていた場合、今回の記事は

あなたにとって不要になりますし

現時点でのあなたの食生活は良いということです。

適正体重を超えていた場合、

食事から変えていく必要があります。

運動もした方がいいのですが

続けるって結構めんどくさいですよね?

なので日々必ず摂取する「食事」にフォーカスし

気を配った方がより早く効果を感じれるのです。

ちなみに簡単に「食事+α」で効果を高めたい方は

「歩くこと」を心がけたり、姿勢を正すことを

常に意識してください。

血流が良くなるので代謝が上がります。

スポンサーリンク

「ダイエット」する為にコンビニで何を選べばいいの?

ここからは具体的に食品を挙げていきます。

申し訳ないですがどのコンビニでも確実に

置いてあるとは言えないのでそこだけは

ご了承ください。

「豚汁」又は「モツ煮」

豚肉自体はカロリーは低くないですが

「豚汁」の豚ばら肉に

豊富に含まれる「ビタミンB1」は糖質を

エネルギーに変え、体に蓄積されるのを防ぐ働き、

また「豚モツ」は豚肉よりもカロリーが半分くらいと

低く、また多く含まれる「ビタミンB12」は代謝を

整え体内でカロリーが消費されやすくなります。

「ビタミンB1、B12」は水に溶けやすい性質があるので

吸収する為に汁を全部飲んでください。

またこの2品には低カロリーであり

体を温める効果や食物繊維が

豊富な「根菜類」も多く入っていますよね。

腸内環境を整えてくれるので

ダイエットには効果的です。

ちなみに「豚モツ」は栄養豊富でカロリーも

それほど高くなくタンパク質が豊富なので

美容特に肌や髪に良いと言われます。

ダイエットしながら美容にも良いので

かなり嬉しい食品ではないでしょうか。

美容を気にされる方はこちらもぜひ読んで見てください。

「おでんのこんにゃく(しらたき)」+「おでんの大根」

どのコンビニでも時期にもよりますがレジ前に

「おでん」ありますよね。

そのなかの具である「こんにゃく」をまずおすすめします。

カロリーがかなり低く、また味が染みていて

美味しいですよね。「こんにゃくゼリー」などでも

いいのですが、食事にプラスとなると「おでんのこんにゃく」の

方が相性がいいですよね。しらたきでもOKです。

また大根も水溶性食物繊維が含まれていて

便秘を改善してくれますし、体内の不要なものを

排出してくれます。

この2つだと寂しい方は「おでんのタマゴ」も

プラスするとバランスが整いますよ。

卵にはとても栄養バランスが整っているのですが

ビタミンCや食物繊維が足りないので

夕飯ですと

こんにゃくと大根を2つずつとタマゴ1つ、軽めのご飯、

味噌汁、サラダ(又は温野菜)などですと

理想的です。

「おつまみチーズ」+「ホットココア」

この組み合わせは心を落ち着かせ

「ダイエット」の敵である「過食」を

抑えるために効果があります。

小腹が空いた時にもいいです。

チーズにには「カルシウム」が豊富で

骨を作る以外にも

神経情報の伝達を助ける働きもあります。

不足すると落ち着きがなくなり脳が興奮しやすく

なってしまいます。

仕事でストレスを感じて落ち着かない時など

取り入れてみてください。

因みに牛乳よりも「チーズ」の方が熟成や乳酸菌の働きで

体内で吸収しやすいと言われております。

なので手軽に食べれる一口サイズの

「おつまみチーズ」をおすすめします。

また「ココア」に含まれる「カカオ」の苦味成分

「テオブロミン」は自律神経を整える効果があり

抗酸化作用の強い「カカオマスポリフェール」も

多く含まれております。

気持ちを落ち着かせてくれるだけでなく

生活習慣の改善にも役に立ちます。

最低でもココアに牛乳や生クリームを少し入れるなどして

「カルシウム」と一緒に取るようにしてください。

気持ちが落ち着くと思います。

やけ食いしたい衝動を抑える為に効果がありますので

ぜひ取り入れてみてください。

「豆乳」+「キムチ」

キムチには腸内環境を整えてくれる「乳酸菌」や

血流を整えて代謝を上げる「カプサイシン」が

含まれています。

価格も高くなく、一人前食べきりサイズの

小パックも置いてあるので手軽にコンビニで

購入できます。

「豆乳」に含まれるポリュフェノールの一種である

「大豆サポニン」は脂質の排出を促す効果もあり、

また膵臓から分泌される消化酵素「リパーゼ」に

働きかけ腸内での脂質の吸収を抑える働きもします。

また、それだけでなくタンパク質やビタミンB、Eなど

栄養豊富で抗酸化作用も強いので

生活習慣病や美容にも効果的です。

「納豆巻き」+「鶏軟骨焼き」

発酵食品である「納豆」は栄養価が高く、

また食物繊維や納豆菌が含まれています。

腸内環境を整えるので

ダイエットの敵である便秘に効果があります。

ダイエット時に肉は避けられがちですが

軟骨は100g54kcalとかなり低く、タンパク質や

ビタミンB群の「ナイアシン」が豊富に含まれています。

タンパク質は代謝を上げ、カロリーを消費しやすく

しますし、ナイアシンは精神を安定させる働きもあり

また軟骨のコリコリした食感によって満腹中枢が

刺激されるので普段よりも早くお腹いっぱいに感じるので

食べ過ぎの防止にも繋がります。

似た商品で「鶏軟骨唐揚げ」もよく見かけますが

油をたくさん含んでおりカロリーも高いので

こちらは控えて下さい。

スポンサーリンク

主食はどうしたらいいの?

ご飯派とパン派の二極に別れると思うのですが

正直どちらでもいいと思います。

ただダイエットをより意識すると

ご飯の方がカロリーはパンよりも高いのですが

消化スピードがパンの方が早いので

お腹が減りやすい点やダイエットを意識したおかずとの

相性を考えると「ご飯」の方がいいです。

パンに合うジャムやバター、ハムなどは

どうしても栄養分の割にカロリーが高い傾向があります。

ご飯やパンをはじめとする炭水化物は

どうしてもカロリーが高いのですが

炭水化物(ブドウ糖)は私たちが生活する上で

必要なものなので必ず摂取してください。

不足すると脳の働きが悪くなり、

疲れやすくなったり、貧血やうつ病などを

引き起こします可能性がありますし、最悪の場合、

命に関わることもあります。

なので炭水化物をゼロにしたり、

かなり減らすことはおすすめできません。

最低でもご飯なら軽く二杯を目安に1日に取るように

してみてください。

それでも頭がぼーとしたり、脳疲労が強い場合は

ブドウ糖が不足している状態なので

炭水化物の量を増やして

他の食材、特に脂質の量を減らしカロリーを

減らすこと心がけてみてください。

また、ご飯のカロリーが気になる方は

米粒こんにゃくを混ぜて作ったご飯もあるので

いるので一度利用してみるといいですよ。

白米の2/3程度のカロリーなので

普段のご飯の量食べてもカロリーは2/3程度に

抑えることができます。

スポンサーリンク

まとめ

コンビニ食でダイエットをすることは可能です。

ですが栄養バランスも一緒に考えなければいけないです。

炭水化物を抜いたり、1つのものに偏り過ぎるのは

よくないですし、体を崩すことになります。

太っている方はカロリーを減らすよりも

痩せやすい状態、適正体重に近づける為に

代謝を整える必要があります。

つまりカロリーを燃えやすい状態にすることです。

今回紹介したものはカロリーを抑えたものだけでなく

代謝を整えることも考えながら選びました。

あなたのダイエットに役立てば嬉しいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください