内容証明を利用し退職意思を伝える手順

退職時に郵便局のサービスの1つである内容証明を

利用する場合の手順を話します。

職場(会社)に退職の意思を伝えたにも関わらず

受け入れてくれなかった場合、退職の意思を伝えたことを

履歴として残すことで正式に辞めることが出来ます。

内容証明を利用した退職の手続き

郵便局の内容証明を利用することであなたが

送った書類(退職の意思が書かれた)を相手が

内容証明とはこういったものです。

いつ、いかなる内容の文書を誰から誰あてに差し出されたかということを、差出人が作成した謄本によって当社が証明する制度です。

                              引用:郵便局 内容証明とは

つまり今回の場合、郵便局が第三者となりあなたが退職の意思を

伝えたことを証明してくれます。

スポンサーリンク

具体的な書き方と提出する準備

紙の指定、使用用具の指定はないですが

書き方としてこちらを守って下さい。

①1通のみである。(書類2枚以上はダメ)

②縦書きか横書きかで下記文字数、行数を守る。

 縦書き:1行20字以内、1枚26行以内

 横書き:1行20字以内、1枚26行以内
     1行13字以内、1枚40行以内
     1行26字以内、1枚20行以内

 ※句読点は1文字として数えます。

内容に辞める意思表示をしっかりと書いてください。

書き終えたらその紙を2枚コンビニ等でコピーします。

サイズはどんなサイズでも基本的に大丈夫ですが

A4が無難です。

コピーした2枚のうち1枚は郵便局の保管分、

もう一枚はあなたの保管する分になります。

封筒1枚に差出人及び受取人の住所氏名を記入し

82円切手がある場合、貼り付けます。

その後、原本書類(1通)をその封筒に入れます。

書類用意はこれで終了です。

郵便局にこちらの書類を提出する際に料金も支払いますので

こちらの料金分は持って行って下さい。

切手を貼っていない場合は1252円必要です。

内訳を説明します。

82円(切手代)+内容証明料430円+書留料430円+

配達証明料310円=1252円

切手を貼っている場合は1170円になります。

※価格は2019年5月での価格です。
 今後の増税によって価格が変わることもありますので
 ご了承下さい。

スポンサーリンク

郵便局に行き提出するまで

最初に注意点がありまして

どの郵便局でも内容書留サービスを行っているわけでは

ないです。基本的に大きな郵便局であればサービスを行っている

ケースが多いですが確認する必要があります。

郵便局に行って直接聞くか、こちらで探して電話して聞いてください。

郵便局で内容証明で送ることを伝え

封筒(原本、宛先住所、宛名記入済み)と料金を支払い、

郵便局で保管するコピー書類1枚を渡します。

これで提出は完了です。お疲れ様でした。

余談ですが郵便局に問い合わせることで提出から

5年以内まで発送した書類内容を証明できます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください