電子レンジってどんな仕組みで温めているの?に答えます。

こんにちは。

元調理師のYotaです。

今日は誰もが持っている「電子レンジ」の仕組みや安全性について話していきます。

よかったら最後まで見てください。

スポンサーリンク

電子レンジってどんな仕組みで温めているの?に答えます。

皆さんがよく、食品の温めの際に使う「電子レンジ」ですが今から約70年ほど前、1945年アメリカで発明されました。

かなり画期的でこれまでガスや電気、蒸気に頼って調理していたのが電子レンジの「マイクロ波」によって我々は手をかけることなく調理をすることができるようになりました。

調理というより熱すると言った方が合っているのですが意外と「電子レンジ」の仕組みを知っている方は少ないのではないでしょうか。

不思議な家電ランキングがあったら1位でしょうね。笑

スポンサーリンク

「マイクロ波」とは

大まかに言うとさまざまな電磁波や粒子線の総称とされる「放射線」の1つ。

電磁波の1つである電波で短い波長と大きなエネルギーを持っているのが特徴になります。

波長が短くなるほどエネルギーは強くなり、電子レンジ内で跳ね回ることで食材を温めています。

この「マイクロ波」はマグネトロンという真空管から発生しており電子レンジの加熱パワー、どれだけ早く温まるかは庫内スペースに対して何ワットのマイクロ波が存在しているかで決まります。

電子レンジの購入を考えている場合、ワット(W)数➗スペースの大きさ(㎥)によってその電子レンジのパワーを比較することができます。

電子レンジによって大きく変わることはないのですが同じ500Wでも微妙にパワーは異なるのです。

スポンサーリンク

実際どんな仕組みで温めているの?

ではどんな仕組みでものが温まっているのか説明していこうと思います。

私はずっと「食品内の水分がマイクロ波によって動き、その摩擦で熱が生じている」とテレビで見て信じていたのですが色々と調べてみると実はガセネタでした。。

食品中には水分分子などは電磁石のような働きを持つものが含まれており、電子レンジのマイクロ波が出す磁場の方向に合わせて向きを変えるのです。

そのマイクロ波が前後左右に動き回り食品に吸収され内部の分子が高速で変化する磁場に反発して高速で動くのですがその反発はつまり「強いエネルギーの動きの事」で「強いエネルギー(熱)」を持っているのです。

反発が高速で何度も起きることで食品が温まるのです。

余談

料理や食事の後、食器をスポンジで洗うと思うのですが続けたスポンジには恐ろしいほど雑菌いるのご存知でしょうか。

そこでおすすめなのが電子レンジに水をたくさん含ませたスポンジを皿などに乗せて500wで1分加熱してみてください。

菌がほとんど死滅します。

↓こんな感じです。ラップしてもいいです。

熱湯で煮沸消毒もできますがお湯沸かすの面倒ですよね。

ダスターなど他にも応用できますよ。コツは水をたくさん含ませる事です。

加熱後熱いので気を付けて下さい。

便利なので除菌対策の1つとして如何でしょうか。

まとめ

簡単にまとめると「マイクロ波によって影響された食品内の分子が反発によって高熱エネルギーを持った状態で動き回る」事で食品が温まります。

「電子レンジ」について少し理解が深まったでしょうか。

食材によっても分子量が変わるので温まりやすさも変わってきます。

深掘りするともっと面白い発見ができると思います。

今回は以上になります。 最後まで読んで頂きありがとう御座います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください