牛乳タンパク質なしのミルクって市販で売っている?乳生児のアレルギー対策

生まれた直後の赤ちゃんに通常の粉ミルクではなく、牛乳のタンパク質が入っていない特殊なミルクを与えると、食物アレルギーの発症を大幅に抑制できるという研究結果を東京慈恵会医科大学のグループが発表しました。

コンビニ食品開発者のYotaです。
食品に関係するものとして重要なニュースだったので取り上げました。

✔︎ニュース内容の要約
対象は302人の赤ちゃんで、生後3日間、「母乳と一般的な粉ミルクを与えた赤ちゃん」と「牛乳のタンパク質の入っていない特殊なミルクを与えた赤ちゃん」に分けて2年間の経過を観察
したと言うもの。
その結果、「母乳と一般的な粉ミルクを与えた赤ちゃん」は2歳の時点で食物アレルギーあったのは20人でその内、強くアレルギー反応が出た子が13人いました。
逆に「牛乳のタンパク質の入っていない特殊なミルクを与えた赤ちゃん」は4人でその内、強くアレルギー反応が出た子が1人と「牛乳のタンパク質の入っていない特殊なミルクを与えた赤ちゃん」の方が著しく食物アレルギーの発症を抑えられたことがわかりました。

治験対象になった赤ちゃんのことを考えると良い結果になってよかったです。
こんな治験が行われていたことは全く知りませんでしたが、乳児期ってアレルギー症状が現れやすいので早く普及、更なる研究を進めてもらいたいです。
こちらから再度ニュース内容を確認できます。

このニュースを見ていて疑問に思うのが「牛乳のタンパク質の入っていない特殊なミルク」とは実際に売っているのか?どんな商品か?
実際に調べて見ました。

スポンサーリンク

市販で「牛乳のタンパク質の入っていない特殊なミルク」は売っています。

実際に調べて見ると「牛乳のタンパク質の入っていない特殊なミルク、粉ミルク」を見つけることができました。
2品ありましたので早速紹介します。
もしかしたら市場にはもっとあるのかもしれません。。
ミルクアレルギー用の商品もあったのですが「乳清たんぱく質分解物」や「乳たんぱく質(カゼイン)消化物」が含まれていたりと、乳アレルギー性を著しく低減させるための加工をされていますが今回の実験結果とは少しずれてきますので紹介はしません。ご了承ください。

明治エレメンタルフォーミュラ スティックパック」

明治エレメンタルフォーミュラ スティックパック」という商品です。
こちらから商品情報を見ることができます。

meiji株式会社明治 公式HPより引用

原材料名を見ても牛乳タンパク質は含まれていません。
一応、amazonの商品ページを確認したところ商品情報がしっかり載っていたので引用させてもらいます。

商品紹介

「明治エレメンタルフォーミュラ」は精製アミノ酸のみをアミノ酸源とし、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルなど乳児の発育に必要な栄養素を配合調製したミルクアレルギーの赤ちゃんのための母乳代替食品です。
たんぱく質に対するアレルギーに配慮し、アミノ酸源には抗原性のないアミノ酸のみを使用しています。
乳、卵、小麦、大豆のアレルゲンは含んでいません。
「明治エレメンタルフォーミュラ」は、ミルクアレルゲン除去食品、無乳糖食品として消費者庁の認可をうけています。
1たんぱく質に対するアレルギーに配慮したアミノ酸ミルクです。-乳、卵、小麦、大豆のアレルゲンを含む原材料は使用していません。
2乳児がアミノ酸栄養を不足なく摂取できるよう、精製アミノ酸をバランスよく配合しています。
3ビオチン、カルニチンを新たに配合しました。
4必須脂肪酸を確保すると共に、リノール酸とα-リノレン酸のバランスを調整しています。
5乳糖およびガラクトースを含んでいません。-炭水化物としてデキストリンを使用しています。
6ビタミンD、ビタミンK等のビタミン類を配合しています。
7カルシウムやリン等、ミネラルの量と相互のバランスを調整しています。
8タウリンを配合し、母乳の濃度に近づけています。

amazon 商品ページより引用

乳アレルギーだけでなく、「卵、小麦、大豆のアレルゲン」対策にもなります。
少し他のミルクよりも価格が高いですが、乳児はアレルギー症状が出やすい事をしっかり考えられて作られた商品です。
ちなみに、今回の研究結果は生後3日の間、「牛乳のタンパク質の入っていない特殊なミルク」を与えていますので、
2年間ずっとというわけではありません。
店舗を見てもあまり見かけなかったので一応amazonのリンクを貼っておきます。
余談ですが楽天でも売ってはいますが、amazonの最安値よりも送料入れたら100円くらい高いように感じました。(2019年10月22日現在)

ボンラクトi

こちらは粉ミルクタイプになるのですが乳アレルギー物質を含んでいない商品になります。
メーカーは「アサヒグループ食品」です。
乳成分ではなく大豆たんぱくからできています。
こちらの商品のアレルゲン物質は「大豆」のみとなります。
こちらから確認できます。

Asahiアサヒ食品グループ公式HPより引用

先ほどの「明治エレメンタルフォーミュラ スティックパック」より1/3くらいの価格です。
薬局などで普通に売っている商品です。

母乳にも牛乳成分が微量含まれることがある

お母さんが食べた乳製品が母乳に微量含まれることがあるそうです。
今回の研究結果に完全に従う場合、生後3日は「牛乳のタンパク質の入っていない特殊なミルク」を与えた方が良いのかと思います。
ただ大人と比べ免疫力の低い子供のアレルギーは特に気をつける必要があり、呼吸困難などのアナフィラキシー症状に繋がるケースがあります。
そういった事を考えると、今回の研究結果は本当にいい結果だと思います。
ちなみにこちらのベネッセさんの公式HPを参考にしました。

スポンサーリンク

アレルギーになるとどんな症状があるの?

新生児のアレルギーで特に多いのは「卵、乳、小麦、大豆、落花生」です。
原因となるアレルギー食品を食べた場合、2時間以内もしくは食べた食後から30分程度で皮膚や消化器、呼吸器などに症状が表れます。
子供の頃に食物アレルギーを持っていても大人になっていくにつれてアレルギー症状が軽減する、気にならなくなるケースも多いです。
0〜1歳までの間でが全体を見てもアレルギー患者数が多いので、生後1年は特に注意をしなくてはいけません。

明治の食育より引用

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください