サノレックスが効かなかった、痩せなかった人だけ読んでください。

国内唯一の痩せ薬である「サノレックス」、
効果を感じる人は全体の70%以上との研究結果が出ているそうですが、服用しているのに効かない人が一定数いることは事実です。

せっかく服用し始めたのに効果を感じられないってすごく気分が悪いですし、何が原因で効果を感じないのかがわかっていないと不安になります。
サノレックスは根本的なダイエット法ではないため「サノレックスで痩せなかった人」はそのままの考え方ですと一生痩せません。
何かに頼ることをまず止め、根本を正すことをしないと良い方向に向かっていきません。

食品開発者のYotaです。
私は普段はコンビニの商品を開発していますが、現在は低糖質などダイエット商品の依頼も多く受けています。
実績としては今年、低糖質商品を4品ほど市場に出すことができ、番組で放送されたこともあります。

私の話はどうでもいいのですが、、
ダイエット商品を作る上でダイエットについての勉強や仕組みを理解したのですが、国内で唯一の痩せ薬である「サノレックス」に関して本当に良い痩せる方法なのか疑問に感じたため記事にしました。
個人的な意見になることご了承ください。

具体的には「サノレックスの痩せる仕組み」や「痩せない人の大きな原因」、「改善策」を解説します。

スポンサーリンク

なぜサノレックスが効かない人と聞く人がいるのか

サノレックスは効果を感じる人感じない人は大きく分かれます。
効果を感じる人は飲み始めて1ヶ月以内に体重の減少を確認できます。
しかし、1ヶ月を目安に効果を感じない人は医師によって服用を停止されるケースもあります。

なぜサノレックスを飲んで痩せる人と痩せない人がいるのでしょうか?

まずはサノレックスを飲むことでなぜ痩せることが期待できるかを復習します。
サノレックスで痩せる仕組み

  • 食欲にかかわる神経に働きかけて、食欲をおさえます。また、体の消費エネルギーを促進したり、代謝をよくすることで体重を減らします。
  • 肥満症そのものを治すことはできません。

おくすり110番より引用

サノレックスは神経に働きかけて食欲を抑えつつ、代謝を整えることでカロリーの燃焼を良くし痩せることを可能にします。
ただ一点、心に留めて欲しいことは「肥満症や過食症状を改善することはできない」ことです。
つまり、肥満症や過食症の症状である食欲の有無に関わらない「コントロールできない食べ過ぎ」に効く薬ではありません。

そういったことをあまり知らずに服用している人も多く、サノレックスを飲んでいるのに痩せないとなるのです。
またサノレックスは体が慣れることによって食欲を抑えることが難しくなります。
体調や環境の変化によって効果を感じる日と感じない日があることも大きな懸念点の1つです。
少し言い方が悪くなってしまい申し訳ないですが「太った原因に対して改善する行動」を取らない限り痩せることは難しいと思ってください。

スポンサーリンク

サノレックスは飲み続けることはできません。

サノレックスは厚生労働省が承認をした国内最初の食欲抑制剤です。

病院ですと保険が適用されるため価格はおよそ12,000〜15,000円/月、美容クリニックでも処方してもらうことは可能ですが保険が適用されないためおよそ20,000〜30,000円/月になります。
美容クリニックではどうしても診断が甘くなってしまうため、患者自身が良く理解しないまま服用してしまうケースがあります。
個人輸入して飲む人もいますが安全を保証できないため医師のもとで服用するようにしてください。

✅病院やクリニックでの処方条件

高度肥満症(肥満度が+70%以上又はBMIが35以上)の場合

サノレックスは効果の強さ、成分から定期的な医師の診断のもと原則として3ヵ月間しか飲めない薬です。
正直なところ体に良い痩せ方とは言いづらく、神経に作用し食欲をコントロールします。

配合されている成分や構造から覚せい剤に似た薬とも言われ、中毒性があることも確認されています。
一言でいうと諸刃の剣のような薬です。
医師の意見も別れるため、どの病院でも処方される訳ではありません。

スポンサーリンク

サノレックスが引き起こす副作用

どの薬でも副作用はあるのですが、効果が強い薬ほど見合った副作用があります。
サノレックスは脳・自律神経に作用し食欲をコントロールする薬であるため特に副作用の心配があります。
「O日までにOkg痩せたい」、「効果が感じられない」からといって「サノレックスの服用量」を増やしてはいけません。

正しく服用している人は検診をしっかりしているので副作用の症状がひどくなることはないですが、長期服用によって1〜2割の人に少なかれ副作用の症状が出ていることもわかっています。

サノレックス服用による副作用

◾️軽度

慢性的な口の渇き、軽度の吐き気、便秘、頭痛、動悸など

◾️重度

精神的な強い不安感、不眠、息切れ、幻覚、高血圧など

サノレックスの服用は継続3ヶ月、その後も服用する場合は原則として半年以上の間隔を開けることとしています。
服用をやめることでリバウンドしてしまう人も多く、服用しながら根本的な原因を対処することが好ましいと言えます。
服用し始めて不眠や憂鬱感に悩む人も多いのも欠点の1つです。
また服用後すぐに効果を感じた人も服用期間が終わりリバウンドすることで強い依存感に襲われるケースも多いです。
サノレックスは「痩せる薬」ではなく、どちらかと言いますと「痩せることを手助けする薬」です。
長期服用や副作用、成分からみても決っして体に良い薬といえないため、飲むことはオススメしません。

体調やストレスによってサノレックスの効果の感じ方が変わったり、長期服用によって体に耐性がついたことで効果を感じられない人はどうしたら良いのでしょうか?

ではどうすれば良いのか?

ここからは具体的な解決策を話しますが、すぐにすぐ痩せる、減量効果のある方法ではありません。
逆にそういった方法があっても体にかなり負担なものであったり、安全性が担保されていない可能性が高いことを理解してください。

考え方としては「食べ過ぎてしまうこと」を改善していく必要があります。
逆にいうと食べ過ぎをコントロール、食事量の適正化ができれば「サノレックス」を飲む必要はないと言えるでしょう。
しかし、不安やイライラが原因で過食に走ってしまう人は行動をすぐにすぐ変えることは難しいですよね。。
痩せる、痩せた状態を維持できることで心は安定し、そういった過食症状も自然と治っていくのですが、痩せるまでが大変です。

オススメのダイエット法としては極端なダイエットではなく、「食べる量」を大きく変えずにストレスなく減量しやすい体質に変えていくことが一番です。

 

「低糖質」の商品を作っていて思ったことは、利用している人でも痩せない人は多いということ。
調べてみると大半の人が便秘であったり、腸内環境が悪い状態でした。
根本的な部分は口から入れる量ではないのだと感じました。

太ってしまう原因としてカロリーの取りすぎも原因ですが、同じくらい体がカロリーを分解、消費できないことも原因です。
その大きな原因の1つが腸内環境が悪いことから引き起こされています。
腸内環境が悪いと便秘になるだけでなく、栄養分を上手く吸収できなく悪い腸内環境が原因で発生した毒素を脂肪として体に取り組みます。
そういった悪いサイクルを整えるためには腸内環境を改善することがすごく大切なのです。

反対に腸内環境を整えると代謝が上がり脂肪やカロリーが燃焼しやすくなったり、便秘解消効果、太りにくい体になっていきます。
腸内環境を整えるには乳酸菌や善玉菌の餌となるオリゴ糖や食物繊維をたくさん摂取しないといけません。
そういった部分で乳酸菌をしっかり腸に届けてくれる「BISERA(ビセラ)」をおすすめします。

最近注目されている脂肪が増えるのを防ぎ分解をサポートする働きのある「短鎖脂肪酸」も含まれているので試してみる価値はありそうです。

>>公式サイトはこちら

サノレックスの効き目に関して悩んでいる方は検討しても悪くないはずです。
サノレックスを服用するよりも健康的で体に負担がなく、安心して飲めますし、サノレックスよりも価格が安いサプリなので試さない理由は正直見つかりません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください