焼き芋ダイエットで−10kg!?気になる真相とオススメの食べ方!

焼き芋が美味しくなるこの季節「焼き芋」食べたくなりますよね!

スーパーやコンビニでも手軽に購入でき、おやつ感覚で食べてしまうのですが、、

さつまいものイメージって甘くてネットリしていて太りそうなイメージありますよね。。

今日はそんな「焼き芋」は太るのか?痩せるのか?話していこうと思います。

スポンサーリンク

「焼き芋」って太るの?痩せるの?

実は「痩せるのを助けます!

「焼き芋」はダイエットにもってこいなのです。

美味しい上にダイエットにも良いなんて嬉しくなってきます!

突然ですが「慢性的な便秘」に悩んでいませんか?

太り気味な方、痩せにくい人のほとんどは便秘で悩んでいると思います。

便秘になると少し汚いですが「腐った食べもの」が腸内に長く止まります。

そうなると悪玉菌が有害物質を発生させるので代謝が落ちてしまい、結果的に体調が悪くなったり疲れやすくなります。

そんな流れが続くとさらに加速して頑固な便秘になっていくので、痩せる為にはこの「悪循環」を断つ必要があります。

「焼き芋」に含まれる3つの痩せる成分!

ダイエットに「食物繊維」が有効であるって知っていると思いますが、「食物繊維」には2種類あります。

小腸でコレステロールや糖質の吸収を抑え、血糖値の急上昇を防ぐだけでなく善玉菌のエサになることで腸内環境を改善していく、良い状態を保ってくれる「水溶性食物繊維」。

ゆっくり消化されることで満腹感を持続させ、腸を刺激し便意を促す「不溶性食物繊維」。

こちらどちらも腸内環境を良くする働きがあるのですが、その両方が「焼き芋(さつまいも)」には含まれています。

また、「ヤラピン」というサツマイモをカットした時に出てくる白い粘りのある液体にも腸の働きを促し、便通を良くする働きがあります。

つまり腸内環境の土台から改善しようとする「水溶性食物繊維」と腸の動きを良くし便の排泄を促進する攻めの働きをする「不溶性食物繊維」や「ヤラピン」の3つの痩せる手助けをする成分が「焼き芋(サツマイモ)」には含まれています。

スポンサーリンク

1ヶ月で10kg以上痩せる!?「焼き芋ダイエット」のやり方!

「焼き芋」ダイエットで効果を感じる人は多く、1ヶ月で58kg→46kgまで痩せた方、なんと6日で−3kg痩せた方もいます。

これを聞いてかなり驚きました。

1ヶ月に10kg痩せるって本当にありえないですよね。。

効果が高いと聞くと辛いのかなって感じてしまいます。。

ダイエットで効果を感じている人はどのように取り組んでいるのでしょうか?

実はとてもシンプルで食事はそのままに昼食または夕食を160g程度の「焼き芋」に置き換えるといった方法です。

近くに100円ローソンがある方は100円ローソンで売っている「焼き芋」1本がだいたいその重量です。

余談にはなりますが「焼き芋」ダイエットをしている人の多くは減量以外でもこういった嬉しいことがあるのです。

  • 便秘が改善し、ほぼ毎日便意がある
  • 乾燥肌が良くなり、化粧のりが良くなった
  • 体調が良くなり、気持ち的に前向きになった
スポンサーリンク

さらにダイエット効果を高める食べ方を紹介!夜食べてOK!

「焼き芋ダイエット」に取り組む人で「夜」食べていいのか悩む人が多いのですが、基本的に夜食べてOKです。

むしろオススメです!

3食のうち「夕飯」は一般的に食べる量が多い、脂質やカロリーが多い食事をしがちなのでそこを「焼き芋」でカバーできるのは強いです。

他にも夜食べるメリットはあります!

少し長くなるのでこちらにまとめました。

夜のさつまいもは太る?気になる真相とダイエットや美容効果も!

ただサツマイモダイエットは基本的に朝昼晩いつ行っても大丈夫ですよ!

「焼き芋」がダイエットに効果があることわかって頂けたかと思いますがさらにダイエット効果をさらに高める食べ方があるのです!

知りたくないですか??

 

 

実は「焼き芋」を「冷凍する」とダイエット効果が高まるのです!!

「焼き芋」に含まれる糊化したデンプンを4℃以下に冷やすとデンプンが老化し、その工程で「レジスタントスターチ」と言う消化されにくいデンプンに変わっていきます。

その「レジスタントスターチ」は先ほど紹介した「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の両方の性質をもっており腸内環境を改善し、排泄を促す働きをします。

作るもしくは購入した「焼き芋」を半日ほど冷凍庫で凍らせてその後、自然解凍して食べて下さい。

そのままシャーベットのように食べても美味しいですよ。

ポイントとしてはレンジなどで急激に解凍しないことです。

急激な解凍によって「レジスタントスターチ」が減少してしまいます。

「レジスタントスターチ」は特徴として消化されにくく、胃腸に長く留まる性質を持っているので普通の焼き芋よりも必然的に「冷凍した焼き芋」の方が腹持ちが良くなります。

余計な間食や過食を防ぐことにも繋がりますのでぜひ凍らせて食べることをオススメします。

また先ほど紹介した「ヤラピン」はサツマイモの皮にも多く含まれているので、なるべく皮ごと食べるようにしましょう!

 

「焼き芋ダイエット」のデメリット、欠点は?

正直なところ、「焼き芋ダイエット」は1回の食事を「焼き芋」に置き換えるただなので手軽でデメリットや欠点は少ないのですが強いて言えば数点あります。

しかしながら解決できるデメリットばかりなので解決策も話していきます。

①時期によってさつまいもが高騰する

サツマイモの収穫は10〜11月に主に行われるのですが、収穫してすぐ食べる訳ではなく2ヶ月程度寝かせて甘みが出てから流通します。

通年私たちがサツマイモを食べられるのはたくさん貯蔵されていて、ひね芋を食べられるから。

しかしながら供給量が間に合わなければ価格も高騰しますよね。

そういった場合は初めから価格が安定している冷凍焼き芋、少し高いですが、、そちらを利用する方法もアリだと思います。

もしくはその時期だけ別の「ダイエット法」に切り替えることもいい手だと思います。

もしかしたらそちらの方が自分に合っていたなんてこともありますし。。

ヨーグルト味噌ダイエットは効果ある?痩せる根拠や作り方wo紹介!

②どうしてもお腹が減ってしまう

「焼き芋」は腹持ちがいいのですが、いきなり1食を150g程度の「焼き芋」に置き換えて上手くいかないひともいます。

もともと食事量が多かった人は特にそう感じてしまいますので、1食を160g程度と決めつけないで少しずつ食べる量を減らしていくのも手です。

「さつまいも」は「白米」よりも約20%ほど糖質が低いので例え、今まで食べていた白米と同じ量を食べたとしても「焼き芋」の方がダイエットには良いのです。

日々、ついつい間食してしまう方には

ついつい間食をしてしまう方は低カロリーで尚且つダイエットにいいお菓子を食べるといいです。

毎日、間食してしまう方にはスナック菓子でダイエットできる【GOWVIKES-ガウビケス-】をオススメします。

スナック菓子やチョコレート菓子の殆どはダイエットの敵である高GI値食材(じゃがいも、小麦粉、砂糖)が主原料として使用されているのですが、「ガウビケス」はキヌア、小豆の低GI値食材が主原料で出来ています。

また栄養面でも食物繊維、カルシウム、カリウムも含まれていますのでダイエット中に食べるお菓子としてトップクラスで向いていると言えます。

食べ方としては1日の各食事の前に1回1袋~2袋を食べることで、満腹感を感じやすく、より少ない量の食事を選択し易くするダイエットが可能です。

どちらかと言うと今行なっている「ダイエット法」のサポートとして考えて下さい。

完全に間食を断てる人は必要ないですが、どうしてもダイエットを始めたばかりですと間食したいですし、我慢するとストレスが溜まりますよね。。

同じように思っている方には特にオススメできますし、こちらからご覧ください。

どうしてもダイエット中はお菓子が疎遠になりがちなので個人的には結構嬉しいです。

今回は以上になります。 最後まで読んで頂きありがとう御座います。他の記事も読んでくれたら嬉しいです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください