ヨーグルト味噌でぬか漬け!どんな野菜が合う?ダイエットに適した8種類の野菜を紹介!

こんにちは。

食品開発者のYotaです。

話題のダイエット食である「ヨーグルト味噌」は腸内環境を改善し、ダイエットしやすい体になることができます。

今回は「ヨーグルト味噌」を活用したダイエット食「ヨーグルト味噌漬け」にオススメの野菜を紹介したいと思います。

今までダイエットに挫折した経験がある方に特にオススメで、「ヨーグルト味噌漬け」は手軽で継続しやすいダイエット法なのでダイエット効果を感じる方が多いです。

「ヨーグルト味噌」って?と思われた方はまずこちらをご覧になってください。

話題の「ヨーグルト味噌」で3ヶ月で−10kg?本当に痩せるの?気になる実態や効果がある根拠も!

この記事はこんな方にオススメ!
  • ヨーグルト味噌漬けにどんな野菜が合うかわからない人
  • ヨーグルト味噌漬けのレパートリーを増やしたい人
スポンサーリンク

個人的オススメはこちらの8種類!

ここからは「ヨーグルト味噌漬け」に合いつつ、ダイエットにも適している野菜を紹介していきますので参考にしてみて下さい。

きゅうり

カリウムを多く含み、塩分を効率よく排泄する働きがある「きゅうり」ですがダイエットにも効果があります。

「栄養が少ない野菜」といったイメージを持つ方も多いですが、「ホスホリパーゼ」という脂肪を分解する酵素を多く含んでいるためダイエットにもオススメできる野菜です。

他にも視力維持や美肌、美しい髪を保つ働きをする「β-カロテン(ビタミンA)」や免疫力を高める「ビタミンC」、骨を強める「ビタミンK」を含んでいます。

大根

「大根」には消化酵素である「アミラーゼ」、腸内環境を整え便秘や肥満を防ぐ水溶性食物繊維が多く含まれています。

大根を生で食べると辛いと思いますが「ヨーグルト味噌漬け」にすることでまろやかになり食べやすくなります。

また辛味成分である「イソチアシアネート」は代謝を高め、脂肪を燃焼しやすくする働きがあるのでダイエットの味方と言えます。

人参

「人参」に含まれる食物繊維の一種である「ペクチン」は血糖値の急上昇を防ぐ働きやコレステロールの吸収を抑える作用、善玉菌を増やし腸内環境を改善することでダイエットを後押します。

腸内環境が整うことで便秘解消、痩せやすい体質になることが出来るのです。

他にも肌荒れや髪の乾燥を防ぐビタミンA、ビタミンB群、鉄分、カリウムなど栄養豊富で体を温める作用のあり、一見万能に見える「人参」ですが意外と糖質が高くダイエット中にたくさん摂取するのは控えた方がいいです。

人参以外の糖質が高い野菜

玉ねぎ、かぼちゃ、さつまいも、じゃがいも、里いも、とうもろこし、ごぼう、れんこんなど

セロリ

「セロリ」は低カロリーな上に「β-カロテン」や「ビタミンB」、「ビタミンC」、「ビタミンE」、「カルシウム」、「鉄」など多くの栄養素を含みダイエットに適した野菜です。

見た目やイメージとは異なり意外と食物繊維は少ないですが、「セロリ」に含まれる必須アミノ酸の一種である「メチオニン」は脂肪の元でもある「毒素や老廃物」を肝臓内で 排除し代謝を促進する働きがあります。

また血中コレステロール値 をコントロールする働きもあるので動脈硬化予防、生活習慣予防にも効果的で「セロリ」の独特の風味は「アピイン」と言うポリュフェノールの一種であり働きとしては精神を安定させ、ダイエット中のイライラにも効果があります。

「ヨーグルト味噌漬け」に使用する前にしっかりと筋をとって断面が広くなるような斜めカットにすると食べやすくなりますし味しみが良くなります。

キャベツ

低カロリーで食物繊維を多く含み、歯ごたえのある「キャベツ」は満腹感を感じやすいのでダイエットに向いていると言えます。

体積の割に比較的に安価ですし、胃粘膜を正常に整える「ビタミンU」をはじめとし、ビタミンC、ビタミンK、カルシウム、カリウムなど栄養豊富で「ヨーグルト味噌漬け」の選択肢の1つとしてオススメです。

ナス

「ナス」に含まれる補酵素(ビタミンを助ける働きをする成分)である「コリン」は、脂質の代謝を促して体に脂肪が付くのを防ぎます。

「ヨーグルト味噌」で腸内環境を整えつつ、脂肪の代謝を高めることができるのでダイエット効果をより感じることができます。

その他にもコレステロール値を減らす働きやむくみを解消する「カリウム」、強い抗酸化作用のある「ナスニン」を含んでおり生活習慣病予防にも効果的です。

パプリカ

さまざまな色があるパプリカですが特に「赤パプリカ」がダイエットにオススメです。

赤色に含まれる「カプサイシン」は脂肪の燃焼を促す作用、血流を良くし代謝を高める働きがあります。

近年、メタボリックシンドローム予防として注目されつつある成分「β-クリプトキサンチン」を含んでおり研究によって脂肪を小さくする働き、糖や脂肪を効率良く燃焼させる効果があることがわかっています。

また「ビタミンC」、「ビタミンE」、「カプサイシン」には高い抗酸化作用もあり「老化」を防ぐ効果もあります。

アスパラ

「アスパラ」に含まれるアミノ酸の一種である「アスパラギン酸」は糖質の代謝を助け、新陳代謝を良くすることで体内に溜まった毒素や老廃物を排出する働きがあります。

「老化」を防ぐ抗酸化作用の強い「β-カロテン」、「ビタミンC」、「ビタミンE」や「ミネラル」が豊富で栄養バランスも良いです。

穂先に「ルチン」というそば粉などでお馴染みの成分が含まれており、血流を良くする働きがあるので体の巡りを良くすることで代謝を高めることができます。

まとめ

今回、「ヨーグルト味噌漬け」に合う野菜を紹介しましたが自分好みの野菜でも是非チャレンジしてみて下さい。

レパートリーが増えることでダイエットも楽しく続けることができます。

ヨーグルトと味噌(生味噌)を用意しておいて栄養豊富で価格も安価である旬の野菜を積極的に使ってみることもオススメです。

楽しくダイエットを続けて効果を実感して頂けたら嬉しいです。

今回は以上になります。 最後まで読んで頂きありがとう御座います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください