👉【必読】ダイエットの停滞期で太るのはなぜ?いつまで続く?原因や注意点を解説!

【ステップ】山田孝之が亡くなった奥さんを想う夫役は辛すぎと告白。太ったとの噂も

山田孝之が出る「ステップ」楽しみだな!でも少し太った?

山田孝介さんといえば映画「ステップ」に主演し、シングルファーザーの「武田健一役」と今までとは少し違った役柄を演じます。

どうしても山田孝之さんと言えば「全裸監督」や「ウシジマくん」の印象が強く残ってしまいますが、本当に幅広く役を演じますよね!

映画「ステップ」は重松清さんの小説が原作で、「虹色デイズ」や「 風俗行ったら人生変わったwww 」の監督「飯塚健さんが映画化に携わっています。

スポンサーリンク

山田孝之が演じた「亡き妻」を想う夫役が辛かったと告白

映画「ステップ」を通じ山田孝之さんはかなり考えさせられたと話しています。

山田孝之さんは役作りのためにその役の置かれている立場や感覚を踏まえ感情を作って、振る舞い方を考えていくとのこと。

今回の役は今までの演じた役の中でも特殊で「亡くなった妻を想い続ける夫役」。

役に入りすぎてしまい辛くなってしまう期間もあったとか。

2012年に一般女性と結婚している山田孝之さんですが撮影後も今回の役がどうしても抜けず、感情を引きずってしまい辛かったと告白しています。

現実でも妻に対しての接し方が少し変わってきたとか。

皿洗いなど家事を手伝ったり、今まで当たり前だったことが当たり前でないことを感じたようです。

スポンサーリンク

山田孝之出演の「ステップ」のあらすじは?

30歳になり、妻と娘の3人家族の大黒柱として仕事にバリバリ取り組む「武田健一」。

家族に支えれながらも幸せな毎日を過ごしていたが突然、妻が亡くなるとの不幸が。

悲しみに明け暮れる毎日だったが、幼い娘を一人でなんとか育てないといけないとの使命を感じ一生懸命に頑張るも、仕事と育児の両立の大変さを痛感。

幼い娘の保育園の送迎や慣れないお弁当作りなど、ふっとした瞬間に感じる亡き妻の存在。

妻の両親や周囲の人間に支えられながらもたくましく生きていこうとする父娘、映画を通じ娘だけでなく夫(武田健一)の変化や成長から勇気付けられます。

家族に対する「感謝」や自分が色んな人に支えられて生きていることを振り返ることができる良い映画だと思います。

映画「ステップ」の主題歌は秦 基博の「在る」

誰にでも在る大切な人との別れ。本当に映画にマッチした歌詞ですね。

秦 基博さんの優しい声もかなりいいです。

動画にコメントされている方がいますが「君と居る時の僕だけが本当の僕」、「思いたいだけかな同じ気持ちだったと」ってところに感情移入してしまいますね。。

スポンサーリンク

山田孝之が太ったとの噂も!過去と比較

そんな山田孝之さんですが最近太ったとの噂が出ています。

本当なのか少し調査してみました!

まずはこちら。以前「闇金ウシジマくん」に出演していたときの様子です。

山田孝之さんは高利貸しの金融屋「カウカウファイナンス」の社長「丑嶋馨」を演じきっていました。

ここまでピッタリな俳優さんはいないってくらい、マッチしていましたね。

太っている印象はもともとなかったですが、最近は本当に太ってしまったのでしょうか。

こちらは最近の写真、映画「ゾッキ」の取材時の写真です。

あれ、、かなり太ってしまった感じがしますね。

顔もそうですが、お腹周りもふっくらしてしまった感じがします。

太った原因に関してはわかりませんでしたが、年齢による代謝の落ちや多忙な日々のストレスからの過食も考えれらます。

男前なのは変わりませんが、できればシュッとしている山田孝之さんに戻って欲しいです。。

この映画「ゾッキ」ですが山田孝之さん、竹中直人さん、齊藤工さんの3人が共同監督を務めると聞くだけでも面白い作品になりそうな予感がしますね!

竹中直人が痩せた?病気で激やせ?過去と現在の画像から調査!

山田孝之が太った感じている方は意外と多い。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください