研究者タイプ

こんにちは。

自己診断テストのタイプの1つである「研究者タイプ」の方の性格、特徴、向いている仕事をみていきます。

自己診断はこちらから受けられます。

研究者タイプ

このタイプの方は物事の本質を見極めたり、複雑な問題を考えたり、分析することを好みます。

社交性は高くなく控えめな性格ですが知性溢れており独創的な頭の良さがあります。

スポンサーリンク

どんな性格?

「研究者タイプ」の方は物事を性格に捉えようとするし、疑い深く本質を見抜く能力が高いです。

会話するときもテーマを持って話したいし論理的な難しい話をして相手と切磋琢磨したい傾向があるため、雑談は苦手です。

既存のものや確立されたものではなく、可能性や将来性に惹かれます。

人と接している時よりも自分の頭でアイディアを考えている時の方が好きで、できれば独立して一人で働きたい意思も強いです。

複雑に考えがちで自分の考えを上手に表現できないことも多いため、周囲には伝わらないことも多々あります。

苦手なことは?

「研究者タイプ」の方は論理的分析に夢中になるあまりに他人のことが見えなくってしまい孤立してしまうことがあります。

また他人の意見に厳しく論理的な部分でないところがあるとなかなか許せなく、気になってしまいます。

考え方の欠点を見つけることは得意ですが評価したり、他人に感謝を表現することは苦手です。

欠点ばかり気になってしまい物事を最後までやり遂げられない傾向があります。

「研究者タイプ」の方がより良い方向に進むためにこちらを意識してみて下さい。

・批判的になりがちで相手を傷つけてしまうので相手の感情に配慮しよう。

・周囲とコミュニケーションをとり自分の伸ばすべきところ、足りないとことを明確にしよう。

「研究者タイプ」の方は自分にも相手にも求める水準が高いため、なかなか上手くいかず自分自身が疲れ切ってしまうことがあります。

そんな時は素直に周囲に協力を求め、一人一人の能力の違いを認めることで現実的な考え方ができるようになります。

適した職場環境

こちらの要素があなたの適した職場環境です。要素が多いほど適した環境になります。

・独創的なアイディアを考え出し、分析し、
 批判できる。

・自分が携わる製品やサービスを製作する
 プロセスで自分の独創性を発揮できる。

・ひとりで思考に集中するために静かな空間、環境が整っている。

・自分が目指す高い水準を仕事に維持できる。

・自分の業績が公平に評価され相応の報酬が得られる。

・ルールや規則は比較的厳しくないが上下関係がしっかりしている。
 部下を監督し、作業を振ることができる。

・常に自分の能力を伸ばす機会がある。
 有能な人たちと交流できる。

転職で成功するには

「研究者タイプ」の方が転職で成功する為に活動中はこちらを意識してみてください。

・未経験な分野だとしても自分の能力が活かせる。
 将来性のある業界、企業に目を向ける。

・自分の行動の結果を論理的に考え現実的な目標を立てる。

・他人からどう見られるのかを意識し面接の練習する。

・面接をうける企業に感謝の気持ちを忘れず最後まで社交儀礼を大切にする。

まとめ

「研究者タイプ」の方は創造的に問題を解決したり、批判的に物事を分析したりすることが得意ですが、細部にこだわったり、面白くない作業を続けることが苦手な傾向があります。

また、相手の欠点を見つけるとつい批判的に発言してしまうこともあるので気をつけてください。

「研究者タイプ」の方が更に成功するためにこちらのことを心がけてみて下さい。

・自分の考え、意見を一度整理し、簡潔にして相手に伝える。

・社交性を高めるために新しいことに挑戦する。

社交性を高め、他人と協力しながら自分の能力を十分に発揮できた時、良い結果を得ることができます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください