楽観主義タイプ

こんにちは。

自己診断テストのタイプの1つである「楽観主義タイプ」の方の性格、特徴、向いている仕事をみていきます。

自己診断はこちらから受けられます。

スポンサーリンク

楽観主義タイプ

このタイプの方は遊ぶ事が好きで陽気で活発的です。

人と一緒にいることを楽しみ、人を喜ばせたり、とにかく楽しい事が好きです。

スポンサーリンク

どんな性格?

「楽観主義タイプ」の方は温かい性格で親しみやすく、思いやりがあります。

社交的で人と一緒に何かする事が好きです。

現実主義で物事をありのまま受け入れる事ができます。

噂話や聞いた事よりも自分で実際に見たり、聞いたり、触れた事に信頼を置き納得します。

常識があり実務的な能力は高いです。

情報を収集する事が好きで知識が豊富で優秀ですがだからといって自分の意見を論理的に押し付けることはせず色んな意見を受け入れようとします。

コミュニケーションが得意なので自分の提案を受け入れてもらうこと妥協点を決めていくことも上手です。

常にのびのびと自然体でいるあなたは多くの人からまんべんなく好かれます。

スポンサーリンク

苦手なことは?

「楽観主義タイプ」の方は楽しいことを追い求めすぎて責任を果たさない事があります。

また社交性が強く「八方美人」なところもあるのでそれが原因でトラブルに巻き込まれることもあります。

日々多忙をきわめており、スケジュールが埋まってないと気が済まない傾向があります。

金銭面でも貯蓄に回すよりも今の楽しい体験、経験にお金を使っていこうと思うので将来の予測を立てて、客観的に考えた上でお金と向き合うと良いでしょう。

客観的な考えよりも個人的な考え、感情を優先しがちで物事の傾向や特徴の分析をあまりせず、自分が納得でき、周囲が良ければと考えます。

友人など親しい人の好ましくない面を見つけた時も見なかった事にする傾向があります。

チーム全体が良い雰囲気で活動できることはすごく良いことですがその人のことを思って注意したり、怒ることも大切なのではないでしょうか。

適した職場環境

こちらの要素があなたの適した職場環境です。

要素が多いほど適した環境になります。

・自分の体験、関連する情報を収集しやすく自分の裁量で業務に取り組める。

・管理業務が少なく、顧客とコミュニケーションを取りながら現場で仕事ができる。

・規則や制限など厳しくなく楽しい雰囲気で仲間と情報交換しながら働ける。

・会社に対する自分の貢献がしっかり評価される。

・多くの仲間と一緒に働け、多様な仕事を自発的に働ける。

・実用的で世の中の為になるプロジェクトに取り組める。
 仲間と協力して成果を分かち合う事が出来る。

・複数の業務を同時に器用にこなせる。
 職場環境が良くなるように自発的に活動できる。

転職で成功するには

「楽観主義タイプ」の方が転職で成功する為に活動中はこちらを意識してみてください。

・5、10年後の自分をイメージし、客観的に物事を受け止め、方向性を修正していく事。

・面接ではこれまでの自分の成果やチームでの自分の役割をメインに話し、相手に働いている自分をイメージさせる事。

・勢いで始めてしまう傾向があるので事前に情報収集をしておく事。

・自分一人の感情、考えで進めていくのではなく積極的に周囲の意見を取り入れる事。

まとめ

「楽観主義タイプ」の方は周囲から明るく親しみやすく、話しやすいところが長所です。

楽しみたい気持ちが強い事から業務中も上の空になってしまったり集中できなかったりすることも多いです。

仕事とプライベートをしっかり区別し仕事の中で自分の楽しみを見出していくと良いでしょう。

職場環境に関してですが入社時から自分の意見や考えが受け入れられやすい雰囲気の環境で働く事がベストですが違った場合、可能であれば自分が上司になって環境を変えていくことも考えてみて下さい。

周囲が働きやすいように変えていく、修正する能力は高いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください