「パン好きの牛乳」の味はスッキリ?価格や取り扱い店舗はどこ?

パンブームの現在、カネカ食品が出した「パン好きの牛乳」という商品が話題になっています。
2018年4月からパン屋さんを中心に販売された商品でなんと月間600本も売れるお店もあるとか。

メーカーである「カネカ食品」の「パン好きの牛乳」へ情熱は強く、牛乳を加熱する際の温度と時間を丁寧に調整する製法にこだわっているとのことです。
牛乳って殺菌の加熱によって風味飛びや味への作用が異なってくるので製法からでも美味しそうな牛乳であることが伝わってきます。

YAHOO!JAPAN ニュースより引用

目次
スポンサーリンク

「パン好きの牛乳」の味は濃厚?スッキリ?

気になる「パン好きの牛乳の味」ですが私自身もまだ出会えていません。
飲んだ感想ではなく、人の感想をお借りする形になってしまうため申し訳ないです。

大多数の意見が「スッキリしていてパンを邪魔しない味」であるということです。
「濃厚なのかな?」と思っていましたが、パンの味を邪魔しないスッキリした味のようです。
惣菜パンや菓子パンなど味がしっかりとついたパンの場合って濃厚な牛乳よりも、あっさりしていてパンの味と喧嘩しない牛乳の方がいいですよね。
そういったイメージが近いと思われます。

気になっていたパン好きの牛乳
いただいたのでやっと飲めました。
パンの味をを邪魔しないスッキリな味わいです。
あんぱんやメロンパンと一緒に飲んだら最高!
首都圏、関西のパン屋さんで販売されてるようですが、私はまだ見かけてません。
家の近くに置いてほしいです。
パンスタより引用
https://twitter.com/KKa439wm/status/1177380814184538112?s=20

確かに、いわゆる一般的な美味しい牛乳のイメージはそんな感じ。そして、そのままストレートに飲んでみた”めぐりスト”さんは、口々にこんな感想が!

「わ~、甘さがあるのに後味は本当にスッキリ」
「牛乳が苦手な人でも飲めるかも」
「え?牛乳のしつこさが全然ない」

と、”めぐりスト”さん達は従来の牛乳とのギャップに驚いてる様子。

確かに、パンめぐ編集部も説明を聞いたときは「甘くて生クリームのように濃厚」な牛乳なのかな?と思っていたのだが…。薄いわけではないのに、スッキリ・さっぱりしていて、牛乳そのものの美味しさはしっかりある。
なんだか従来の美味しい牛乳とは、かなり味の印象が違うように感じる。

パンめぐより引用

「薄いわけではないのに、スッキリ・さっぱりしていて、牛乳そのものの美味しさはしっかりある。」という部分がかなり気になります!
牛乳が苦手な人でも飲めそうな味なのでしょうか。

スポンサーリンク

「パン好きの牛乳」どこで買える?

パン屋さんを中心に「パン好きの牛乳」は販売されています。
都内ですと「神戸屋」などに置いてあるみたいです。

発売以来かなり売れているということもあって、今後はスーパー、コンビニでも取り扱いが決定しているみたいです。

詳しい取り扱い店舗はこちらの公式HPより確認できます。

スポンサーリンク

「パン好きの牛乳」の価格は?

「パン好きの牛乳」ですがサイズが200mlと500mlの二種類あります。

PURNATURより引用

値段は店舗により異なるそうで、500mlの相場は牛乳が240円前後になりそうです。
200mlですがメーカーの小売希望価格が税抜148円ですので、お店にもよりますが150円前後で買える可能性が高いです。

『パン好きの牛乳 200ml』について

販売先: ベーカリー、量販店、コンビニエンスストア、一般小売店
容 量: 200ml
希望小売価格: 税抜148円
商品特長: 「北海道の生乳」北海道産の生乳を使用し、成分無調整
「独自技術」PurNatur社の殺菌技術によるコクがあるのに後味すっきりとした風味

KANEKAより引用

ただ探すのって面倒ですよね。
楽天のカネカのサイトでオンラインで買えます!
パン好きの方、ご飯よりパン派って方も一度は飲んでみる価値があるのではないでしょうか。
私も早速ポチります。

「パン好きのカフェオレ」も美味しい

第2弾商品「パン好きのカフェオレ」もかなり好評で、牛乳と合わせて累計80万本も売り上げているとか。
凄まじい勢いですね。
私はカフェオレの方が気になります。

原料は、生乳・砂糖・コーヒー豆のみでシンプルなカフェオレになっています。
混ざりものが多いとお子さんに与えるのも気になってしまいますが、どんな方でも安心して飲むことができそうです。
カフェオレのこだわりとしては、「コーヒー豆もグアテマラ産の最高級グレードのものを使用」、「生乳94%を使ってリッチな味わい」を再現しており他社の脱脂粉乳などを使った味とは一味違うカフェオレになっているとのことです。

カフェオレの方が牛乳よりも売れているそうで味も気になります。

2019年4月に発売した「パン好きのカフェオレ」も好調で、牛乳を上回る勢いで売れているそうだ。また、容量500mlの展開だったところ、9月には手軽に飲める200mlを投入し、さらに売り上げは伸長。2019年11月末現在で、シリーズ累計約80万本を出荷しているという。筆者も早速飲んでみたいと思いオフィス街のパン屋に正午過ぎに行ってみたが、冷蔵ケースは既に空っぽ。「本日完売です」と言われてしまった。

YAHOO!JAPAN ニュースより引用

「パン好きのカフェオレ」の価格は?

こちらも「パン好きの牛乳」と同じくサイズが200mlと500mlの二種類あります。
値段は店舗により異なるそうで、500mlの相場はカフェオレが300円前後になりそうです。
200mlですがメーカーの小売希望価格が税抜158円ですので、お店にもよりますが160円前後で買える可能性が高いです。

楽天を確認すると「パン好きの牛乳」、「パン好きのカフェオレ」の両方を楽しめるセットもありました。
牛乳もよいですがカフェオレも一緒に楽しんでは如何でしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ダイエット食品やレトルト食品などの開発経験、調理師としてレストランやホテルで働いた経験などをもとに独自目線で世の中の気になる情報を調査しています。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次