調理師から食品開発者に転職!実際どんな1日か、仕事内容を話します。

こんにちは。

元調理師のYotaです。

現在は食品メーカーの食品開発者として働いています。

主にはコンビニ、スーパー向けの商品の開発を行なっています。

実際に調理師から食品メーカーに入り商品開発者のとしてどんな1日を過ごしているか話したいと思います。

ちなみに運の要素がかなり強いですが実績としてはコンビニ向けに作った商品ですと昨年、2018年でおよそ1億円の売り上げ、2019年はシリーズ商品を多数発売した為およそ年間2億円の売り上げる商品を作っています。

初めに伝えたいことは料理のスキルがそこまでない人でも全然いけます!

自分がそうなので、、、笑

ただ料理が好きなこと、課題に対しての解決策を実行することができれば問題ないです。

つまりやる気があれば楽しい職種だと思います。

調理師から食品開発者に転職!実際どんな1日か、仕事内容を話します。

1日の業務内容をざっくり説明すると試作→原価計算→修正→試作こんな感じの日が週の半分くらいです。

PB商品なら先方希望の価格にあった味も美味しい商品を繰り返し、先方が満足するまで試作を繰り返します。

先方から依頼されて製造する商品をPB商品、自社ブランドとして製造、営業活動によって販売する商品をNB商品といいます。

他にこちらのような業務を行なっています。

・営業同行で先方に商談

・原料メーカーと商談

・原料探し、見積もり依頼(原料、資材など)

・市場分析、他社商品分析(競合調査)

・社内、社外提案資料作成

・工場への落とし込み、指示、工程改善

・展示会の準備、試食用意

意外と業務は多いですが毎日、全部行なっているわけではありません。

ヘトヘトになることはありますが労働時間が調理師の頃よりもかなり短くなったので楽ではあります。

会社によって他部署がやってくれることもあると思いますが、私が務める中小企業はこんな感じで進めています。

ここからはそれぞれの業務を説明していきます。

商品化に向けて試作

PB商品、NB商品両方を試作することがありますが現在はコンビニやスーパー向けのPB商品の依頼が多く8対2くらいでPB商品を試作しています。

PB商品の場合、作るもののイメージ、コンセプトを先方に言われ、お互いに案を出し、こちらから試作品を出しつつ商品を作っていきます。

初めから「この料理を作って欲しい」と言われることもあります。

常に複数の案件を持って進めていくので大変なことはあります。

並行して原料を探しながら、資材(パウチ、ダンボール)なども見積もりをとっていきます。

資材は先方から支給されることもあります。

商品のスペックが決まったところで写真撮影をしてパッケージの表紙を作ります。

ここまでの間に品質管理部の方と一緒に商品の裏面表示を固めます。

営業同行で先方に商談(小売店)

PB商品を進めるときや新しい案件をもらう時などコンビニやスーパーの本部などに行き今後の商品化に向けての商談をします。

細かい価格面のことは営業の方にお願いして開発部は商品にフォーカスして話しを進めます。

原料メーカーと商談

商品の原料を様々なメーカー様と商談して価格面を擦り合わせします。

原料メーカーの新商品や原料のおすすめを教えてもらう機会でもあります。

商品化を具体的に考えた時、以前から取引のあるところから買うこともあれば新規開拓して新たな原料メーカーから購入することもあります。

原料探し、見積もり依頼(原料、資材など)

先ほどと似てしまいますが商社を通じて新たな原料メーカーを紹介してもらったり自分で探すこともあります。

同じ原料でも様々な原料メーカーからサンプル品や見積もりをもらい価格的にも最終製品的にもマッチしている原料メーカー様の原料を使います。

市場分析、他社商品分析(競合調査)

PB商品、NB商品両方の場合で必ず行う工程なのですが、「作ろうと思っている商品は需要があるのか?」、「どのメーカーのものが売れているのか?」、「売れる要素は何か?」などを分析してその商品を作るか作らないかを判断します。

社内、社外提案資料作成

市場分析、他社商品分析をした際にまとめたデータをもとに社内や社外(先方)向けの商品コンセプトをまとめた資料を作成しプレゼンすることもあります。

しっかりカンペ作れば問題ないです。

現段階の試作品も一緒に持ち込み、試食しながら話を進めることも多いです。

工場への落とし込み、指示、工程改善

いよいよ商品発売が見えてきた段階で工場で製造のテストをします。

自社工場で作る時もあれば、委託工場にお願いすることもあります。(OEM生産)

普段から工場で作ることを考え試作を進めるのですがどうしても工場で上手くいかない工程など出てきてしまいます。

そこで妥協案や改善するための案を提案し、製造現場で指示を出します。

展示会の準備、試食用意

「スーパーマーケットショー」や「foodex」など展示会に出店することもあるので試食サンプルの作成や備品の用意をします。

また実際に展示会に行って試食を配ったりします。

他のブースも見れるので勉強になりますし、「食のお祭り」みたいな感じですごく楽しいです。

スポンサーリンク

調理師との違い

見て頂いた調理師とは全然違った働き方です。

業務内容が難しいように感じる人もいると思いますが、実際に働いてみると意外と調理師として料理のスキルを身に着けるよりも単純で楽に感じる人が多いと思います。

慣れてしまうと繰り返すだけなので本当に難しく感じるのは最初だけですし、先輩や上司がフォローしてくれるので安心して下さい。

味作りや商品設計、作業工程に関しては経験したことを活かせるので楽しいですし、自分の作った商品がたくさんの人に食べてもらえる喜びは計り知れないです。笑

経験が活かせることが多い職業にはなるのでサラリーマンになる場合の選択肢の1つとして良いと思います。

まとめ

やることは多いですが、正直なところ調理師でも同じです。

自分の商品がお店に並んでいるところをみるとすごくやりがいを感じますしとてもいい仕事だと思えるので調理師から他の仕事へ転職を考えている人にオススメできます。

味作りや商品設計、作業工程に関しては今までの調理師としての経験が活かすことができますし、料理が好きな人にとってやりがいのある仕事です。

今回は以上になります。 最後まで読んで頂きありがとう御座います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください