調理師の給料は安すすぎ。6ヶ月以内に給料を上げる方法『実経験』

こんにちは。

元調理師のYotaです。

調理師、料理人、飲食業界の方、給料が低いと感じている方多いのではないでしょうか。

今回は調理師時代に日々「給料が安すぎる」と感じていた実経験から給料を上げる選択肢をお伝えします。

調理師の給料は安すすぎ。6ヶ月以内に給料を上げる方法『実経験』

一番手取り早いことは「あなたのスキルで売り上げを上げること」です。

これはどの業界でも、資本主義社会で生きていく限り同じです。

ただ、「調理師」は営業するわけではなくお店に来た人に如何にお金を使わせるかが売り上げに直結する行為になるので「売り出しメニュー、お店のイメージにあった新メニュー開発」や「食品原価を調整」することなどが売り上げに繋げる行為になります。

その積み重ねで売り上げを出すことでシェフや支配人に給料の相談もしやすくなります。

私自身は個人店で働いていた時にこの経験をしました。

スポンサーリンク

もっと早く給料を上げたい場合

先ほどのやり方ですと給料を上げるまで最低でも3ヶ月程度は掛かってしまいます。

またあなたが提案したメニューの売り上げが良くてもお店全体の利益が下がっていては給料の交渉は難しいです。

どうしてもすぐ給料を上げたい場合はこちらの2つが結果に結びつきやすいです。

別のお店、職場に転職する

すぐに給料を上げたい場合、転職し給料を上げるのが正直一番早いですし確実です。

私自身も転職によって給料を上げることができました。

同業での転職のメリット、デメリットを考えてみます。

メリット

・給料を上げることが出来る

・伸びているお店、職場であれば定期的な昇給も望める

デメリット

・転職先が見つかるまで時間がかかる

・給料が上がっても労働条件(時間等)が悪い可能性もある

こちらのデメリットで挙げた通り、課題となる部分も多いです。

転職は働きながらですと3〜6ヶ月掛かることも普通にあります。

こちらの問題を解決する為の具体的な手段を考えました。

デメリットを解決するために

働きながらの転職活動は時間がかかりますよね。

私自身も経験したことなのですが、平日は長時間働いて休日に転職活動してってかなりキツイです。

負担をかけずに転職活動を進める方法を2つ教えます。

①転職サイト、エージェントを利用する

利用した方も多いと思いますが転職がスムーズになりますしサポートしてもらえるので心強いです。

自分が給料を上げる為に転職したい気持ちをしっかり伝えればそれに合った転職先を紹介してくれます。

今までそのお店、職場に入った人の感想や失敗しない為に給料以外の部分も色々と相談してみると良いと思います。

②業界仲間に転職先を紹介してもらう

個人的にはこちらの方がおすすめです。

ただ紹介してくれる先輩や仲間、後輩が周りにいないと出来ないです。

基本的にあなたは知り合いの知り合いにあたるのでメリットは相手から信頼されやすく、給料等の条件も交渉しやすい点です。

実質、転職活動ように色々と用意する必要がなくなるので一番コスパがいいです。

デメリットは紹介なので「転職後しばらく辞めづらいこと」になります。

必ず信頼のおける知人にお願いして「どんなお店なのか、相手はどんな人か」をしっかり確認しましょう。

料理スキルを使って副業する

こちらもおすすめですが給料の上がり方は転職よりも低いです。

現在色々な副業がありますが給料を増やしたいので今あるスキルを活かし副業することが一番良いです。

副業は休日や合間の時間を使って稼ぐので合わないことをしても心と体が疲れてしまうだけです。

調理師におすすめの副業サイトはこちらです。

見て頂けたら幸いです。

またここ以外にもたくさんあるので副業に興味がある方は調べてみて下さい。

「ストアカ」

ストアカ」というサイトは個人のスキルを教えることで稼ぐことができる料理を学びたい人と繋がることが可能です。

ここであなたの料理スキルを教えることでお金を稼ぐことが可能になります。

例えば10人に3000円で料理を教え、諸費用(場所代、材料費、交通費、手数料)を仮に多く見積もって半分としても半日で1万円以上稼ぐことが十分可能です。

登録費用は手数料は10〜20%になります。キャッシュバック制度もあるので手数料は前後しますが基本的に10〜20%です。

もっと詳しく知りたい方はこちらを見てください。

料理のスキル、得意料理、人と話すのが好きなら絶対オススメです。

都内のレンタルルーム(会場)は2時間で1万円程度で借りれるところも結構あります。

料理教室用のレンタルルームはこちらから探せますので良かったら見てください。

また「ストアカ」は日本最大級のスキルシェアコミュニティサイトですので料理以外にもあなたの自信のあるスキルを使って稼ぐことも十分可能です。

お客様は「主婦や女性がメイン」になると思うのでこういった案はどうでしょうか。

・時短本格料理

・冷凍保存用、美味しいおかず料理

・結婚前に抑えておきたい王道おかず料理

・子供と一緒に作れる日本伝統料理

「CaSy」

続いて紹介するのは家事代行サービスサイト「CaSy」です。

こちらで「食事の用意、片付け等」を手伝うことでお金を稼ぐことが出来ます。

時給は1450円からと副業としてはかなり良いのではないでしょうか。

リピーターを獲得すると次回から指名料が発生するので時給も1650円以上に上がります。

また料理のスキルが一般レベルの方が代行しているケースが多いのであなたの料理スキルを披露し、リピーターを獲得するのも良いのではないでしょうか。

和食だったらこれ、洋食だったらこれと事前に決めておきことで数回行うことでグッと楽に感じると思います。

研修制度がありこと週一回2時間からでもOKな点はすごく魅力的です。

せっかくの休みを全部、副業に費やしてしまっては疲れはたまりますし、休んだ気にならないですよね。

半日程度を目安に働いてみるのも良いのではないでしょうか。

デメリットとしてはどうしても「お客様からの依頼数は土日が多いこと」です。

もちろん平日の依頼もあるのでひとまず登録してみても良いと思います。

「Udemy」

こちら「Udemy」は動画を通じて相手に技術を教えることを主としたサイトです。

プログラミングやデザイン、音楽、ヨガなどビジネスから趣味まで幅広く情報を提供しています。

動画を取ることが面倒ですが一度撮ってアップロードしてしまえば普段の仕事中でも利益を出すことができます。

気になる利益目安ですが普通に販売した場合50%が手数料、クーポンを作成して販売した場合4%が手数料になります。

  • 講師のプロモーション: 受講生が講師クーポンを使ってコースを購入することで得られた売上による収益分配は97%(3%は管理手数料、日本の場合は4%)。
  • Udemyオーガニック: 講師クーポンを使わない、Udemyの通常の販売による収益分配は50%。この売上はUdemyと講師で均等に分配します。Udemyマーケットプレイスでユーザーがコースを参照するか、Udemyプロモーションを利用してコースを購入して得られた売上です。

Usemy公式HP「講師の利益の分配」より引用

一度質の高い動画を出すことで自動的に利益を出すことが可能になります。

1、2分程度で簡単に料理を教える動画が多い中、あなたのオリジナリティや考えを伝え、丁寧にポイントを抑えて教えることでモニターの向こうのお客様は喜ぶはずです。

・あなたの得意料理

・季節のコース料理

・ピクニック、バーベキュー用の料理

こちらは参考例ですが、あなたのオリジナル性で色々と教えることが出来るのではないでしょうか。

動画を上げていきファンが増えることで収益もグッと伸びます。

まとめ

調理師が給料を上げる方法はやり方次第で無限に広がるのではないでしょうか。

一番簡単なのは「転職」することですが自分に合った方法を見つけ取り組むことできっと良い方向に向かうと思いますし、 その経験は別の形でも活かせるはずです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください