調理師が向いている人、向いていない人の性格を比較!

こんにちは。

元調理師のYotaです。

私は7年近く飲食業界、調理の仕事をしてきて調理師や料理人に向いている人、向いていない人の性格がはっきりわかりました。

「調理師」に自分が向いているのか判断する材料にして頂ければ幸いです。

それでは私の体験談を踏まえて話していきます。

調理師が向いている人、向いていない人の性格を比較!

調理師は人を感想、喜ばせられるすごくいい仕事です。

ただその反面、激務で給料が安いですし辛い経験をたくさんします。

調理師になってもすぐに辞めていく人がほとんどなのが現実なのですが辞めずに続けられる人も一定数います。

どんな性格、モチベーションの違いがあるのでしょうか。

「調理師」に向いている人

ズバり「料理が好き」で「自分よりも人を喜ばせたい」気持ちがある人です。

「調理師」を目指す方のほとんどが「人を喜ばせたい」って気持ちが第一にあると思います。

ただそれだけでは調理師は続けられないです。

「自分の苦労を惜しまず相手に自分の料理を通じて幸せになってほしい。」

この気持ちを持っている人が「調理師」に向いている人です。

一言で行ってしまいましたがこの気持ちを持ち続けられる人はなかなかいないです。

立ち直れないほど辛い経験を何度もする中、自分が「調理師」をなぜしているのか自問自答することってあるあるだと思いますがその度立ち直れる「料理が好き」、「人を喜ばせたい」気持ちが強い人だけが調理師に向いていますし成功できます。

私が調理の世界にいた7年間、心から尊敬できる先輩、上司が数人いましたが全員ともこの気持ちが強く、こだわりを持って仕事をしていました。

他にも分かりやすく向いている人の要素を話します。

◆最終的なはっきりした目標がある人

(お店を何歳で持つなど明確な目標がある人)

◆体力のある人

(1日12時間以上労働できる体力がある人です。)

◆料理を業務と感じない人

(休みや労働時間が長いため、料理を仕事と感じない人が向いています。)

◆給料安くても他人と比較せず他で満足できる人

(給料面を他人と比較すると果てしないので割り切れる人です。)

◆自分の意見を言え、相手との妥協点を探せる人

(自己主張、こだわりはかなり大切です。チームで働くので相手との妥協点を決められ工夫できる人です。)

「調理師」に向いていない人

向いていない人は「調理師としての気持ちが曖昧な人」です。

私もそうでしたが「諦めやすい人」であったり、何でも環境のせいにしたり、他人任せにしたりと「自分以外の何かが自分のために何かしてくれるんじゃないか。」って気持ちがあるほどこの業界は辛く感じます。

自分でかっこ悪くても行動していくことがとても重要になるからです。

もっと具体的に向いていない要素を話しますと

◆常に他人よりも自分が大切な人

(自分よりもお客様を優先する仕事だからです。)

◆情熱<辛い要素(労働時間、給料面)をまず考える人

(本当に辛い要素が詰め込まれすぎています。涙)

◆目標がなく、だらだらしてしまう人

(この性格でも続けられる人はいるのですがある程度の年齢で後悔し面倒くさい、嫌な先輩になります。)

スポンサーリンク

「調理師」に向いていない性格でも大丈夫!

「調理師」に向いていなかったとしても「料理が好き」、「人を喜ばせたい」気持ちが少しでもあれば良い環境に巡り会うことで「調理師」に向いた性格に変えていくことが可能です。

働きやすい環境(労働環境や人間関係等)で働くことでスキルを付け自信や行動力が高まると結果として調理師としての自覚や目標が定まってきます。

今の職場環境が自分に合っていなかった場合は同業転職を考えていいと思います。

個人的には転職サイトを利用するよりも知り合いや専門の友達に紹介して貰った方が良い職場に出会いやすいです。

まとめ

今回調理師に向いている人、向いていない人の特徴を話しましたが向いていない人でも最終的に「1人の調理師」として何がしたいのかを考えることで飲食業界の中でも自分にあった環境で成長していくことが出来るでしょう。

最初から調理師に向いている性格であることも大切ですが良い職場に巡り会い、調理師にとって大切な気持ちを養っていくことも重要なことです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください