調理師は給料安すぎて生活できない?料理人の平均年収と対策を紹介

調理師は給料安すぎで場合によっては生活できない、生活するのがやっとであることは普通にありえます。
私も22歳の時にビストロ(大衆フレンチ)で働いたことがありますが、給料が月12万円と衝撃的だったことを覚えています。
私のスキルが足りなかったこともありますが、それでも給料が安すすぎて生活ができなかったため転職をするほかありませんでした。
実家暮らしだったらそのまま働いていたかもしれませんが、一人暮らしの20代にとって月給12万円、手取りで9万円弱では生活が出来ませんでした。
20代で調理師をされている方で同じように生活が苦しくて転職を考えた人も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

調理師の給料は本当に低いのか?

調理師の給料は業界的にみても低水準であることは事実です。
2019年の平均年収は441万円です。
それと比較して調理師の平均年収はおよそ335万円(2017年度)、日本の平均年収から見ても低いことは本当です。
20〜60歳の間で一度も年収400万円を超えないのは意外に感じました。

求人ボックス給料ナビより引用

平均年収の推移的にはほぼ変化がなく、しばらくこの平均年収を維持したままになることが予想されます。
本業が難しければ副業で収入を増やす方法もありますが、拘束時間が長い調理の仕事では難しいですよね。

サービス業業界が全体的に給料水準が低い

残念ながら調理師を含む飲食サービス業の給料水準は低いです。
こちらは厚生労働省が平成28年の業界別の年収調査結果になります。
男性は323.3万円、女性は213.7万円と日本の平均年収を比べても2〜3割近く低いです。

厚生労働省の「平成28年賃金構造基本統計調査」より引用

どうしてサービス業の給料が低いのか?

なぜ調理師を含むサービス業の給料水準が低いのかですが、同じ時間当たりのサービスできる相手の数が少ないからです。
サービス業は基本的に自分の体を使い、目の前の人に対してサービスを提供します。
近年、急成長しているIT業界と比較してみると仕組みがわかりやすいと思います。
レストランの調理師の場合、一人で料理を提供できる相手の数を1日30名とします、それとは対象的にIT業界のエンジニアの場合、個人でもWebサービスやアプリを通じて何百万人、何千万人の顧客を相手にすることができます。
同じ時間でも相手にできる人数が多いということはそれだけ個人が稼ぐ金額も大きくなります。
個人が稼ぐ金額が大きいということは給料水準も高くなることに繋がりますし、個人でも多くの人を相手にできる仕事をすることが給料をたくさんもらうために必要な考えです。
もちろんこの考えと対象的に購買意欲の強い限られたユーザーに高価格なサービスを提供する方法もあります。

一般的に調理師として街場のレストランよりもホテルで働いた方が給料が良いケースが多いのは、個人が相手にできる顧客の人数が多いからなのです。
お金が全てではないですが、今の世の中ではある程度のお金がないとゆとりを持った生活は出来ないです。
料理を趣味にして食に関わる仕事を本業でするということも悪くないと思います。

スポンサーリンク

他の業界にどうやって転職したのか?

私は24歳で調理師を辞め、食品メーカーの商品開発の仕事に就きました。
転職する年齢にもよりますが20代であれば全くの未経験の仕事でも問題ないかと思います。
30代以上の方や料理のスキルや知識を少しでも活かしたいと思う方は絶対「食品メーカー」に転職した方がいいです。
ただし、食品メーカーは業界的に給料水準が高いわけではなく平均年収も600万円前後になります。
しかし、調理師からある程度楽しい仕事で、給料もあげるとことを考えると「食品メーカー」が一番良いと思います。

利用して特にオススメできる転職サイト
    1. リクナビnext
      使用した感想:業界トップクラスの求人数で理想の求人が多く見つかった。
      サイトを通じて6回面接を受けて4箇所の内定をもらうことができた。
      登録することで希望の求人を届けてくれる点も良い!
      色んな求人を見たい、良い企業からアプローチがあれば転職したい人向け。
      公式サイト登録ページは こちら
    2. doda
      使用した感想:リクナビと同じくらい求人は多いが少し質が劣っている印象がある。
      イベント(doda転職フェア)で大多数の企業と直接話せるのは良い。
      リクナビと同じく幅広い求人を見れることが良い。
      公式サイトの登録ページはこちら

私が現在の食品メーカーに転職できたのは「リクナビnext」を利用したからなのですが、基本的にどの転職サイトでも良いと思います。
私の場合、リクナビnextは求人数が他の転職サイトよりも多く、シンプルで使いやすいため使用しました。

 

リクナビnestより引用

転職サービスはこちらの公式ホームページの無料登録を行ったら出来ます。
3分程度で登録できますので、少しでも求人が気になる方は登録して他の業界について調べてみると良いと思います。
今回は以上になります。 別の記事も読んで頂けたら嬉しいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください