『実体験』調理師から他業界への転職の手順を教えます。

こんにちは。

元調理師のYotaです。

調理業界にトータルで7年ほど働いたのですが2年ほど前に退職し、食品メーカーの商品開発職に転職しました。

料理しかしてこなかったこんな自分でも本格的に転職活動をした2ヶ月の間に他業種の内定を5つほど頂きました。

この経験から転職は手順がとても大切だと感じました。

今回は調理師から他業種に転職を考えている方に具体的に調理師を辞めた後にどうやって自分らしい転職先に就職するかの手順を話します。

◆こんな悩みをお持ちの方に。

・調理師を辞めたけどこの後、どうしたらいいのか?

・これから辞める予定だけど具体的に行動出来ていない。

『実体験』調理師から他業界への転職の手順を教えます。

結論から言いますと

「情報」を集めることです。

本当にこれに尽きます。

転職に必要な情報を集めることで自分の方向性がはっきりしてきます。

集める情報としてはこちらの2つです。

この順番で集めてみて下さい。

①自分の強みは何か?どんな条件で働きたいか?

②どんな就職先があるのか?

①自分の強みは何か?どんな条件で働きたいか?

調理業界から同業種に転職する場合はそこまで意識しなくても良いですが、

他業種で探していく場合、0からのスタートになりますよね。

転職先の業界のことを調べるのは一旦辞めてまず自分はどんな人か強みがあるかを調べて下さい。

なぜ求人を見る前に『強み』を知らなければいけないかと言いますと

他業種に入る時、武器(あなたの強み)がない限り残念ながら新卒採用の方が企業にはメリットがあります。

『強み』をアピール出来ないと面接段階まで行けなかったり、面接時に年下の人が一緒にいてアピールポイントが似ていた場合、あなたより安い年収で雇える年下を採用するのが現実です。

なので武器を持つことを意識してみて下さい。

あなたの武器(強み)を知ることで自ずと適している環境(業界又は企業)がわかります。

以前まとめたこちらの記事からあなたの強みや特徴を調べることが出来ます。

また私は転職活動時に「リクナビNext」を利用していたのですが

『強み診断』がサービスとして無料で利用出来るのでこの後、求人を見ることを考え登録してもいいかと思います。

グッドポイント

2つ目にどんな条件で働きたいかをまとめます。

少しわかりやすく説明するとこちらのように条件(許容範囲)を細かく考えてみて下さい。

・給料はOO〜OO万円の間

・年間休日数はOO日以上

・月の残業時間はOO時間以内

・土日休みが希望

・転勤は関東県内まで

・通勤時間は1時間以内

・OO人くらいの職場で働きたい

・外人と一緒に働いてみたい

こんな感じで色々と浮かんでくると思います。

箇条書きで書き出してみて下さい。

その後、順位付けをしてどの条件が自分にとって最優先なのか考えて下さい。

私の場合はトップ3はこんな感じでした。

①転勤がない

②年間休日が120日以上

③通勤時間が1時間以内

この段階でわかることは2つです。

・どんな職場環境が向いているのか。(この後の転職先を探す際にかなりスムーズになります。)

・自分は転職に何を求めているのか。

この2つは当たり前ですがとても重要で転職活動する上での大きな基盤になるので活動中のブレがなくなります。

すぐにエージェントや転職サイトをみて求人をとにかく見ることから始めてしまうと私みたいに色んな求人を見て迷ってしまって結果的に遠回りしてしまうのでまずは基盤を固めてほしいです。

正直、1日あればまとまると思います。

②どんな就職先があるのか?

やっとここから転職先を具体的に考えていきます。

転職サイトに登録して『どんな転職先があるのか。』、『どんな条件なのか』をまず見ます。

基本的に無料で利用できますので、転職サイトに関しては好きなところを利用するのが良いと思います。

サイトごとに特徴があるので自分にあったところに登録すればいいです。

今回は私の実体験を例に話します。特に業界NO.1シェアで優良求人が多い「リクナビNext」を利用しました。

会員登録をして調べてみるとこんな感じです。

関東で未経験「食品メーカー」と調べてみたのですが53件ほど出てきました。(2019年6月現在)

 

 

リクナビNext公式HPより引用

営業、事務、製造等色々とあります。

転職サイトによって扱っている求人が異なるため複数の転職サイトに登録して自分の強み、譲れない条件にマッチした求人に応募してみて下さい。

ちなみに専門卒の方が多いと思いますが私自身は大卒以上の求人にも良いなと感じたら積極的に応募していました。

ただ応募するときに

「応募条件の大卒以上ではありませんが御社のOOにとても魅力に感じ私のOOを活かして売り上げを上げたいと思い応募させて頂きました。未経験ではありますが宜しくお願い致します。」と付けて送りました。

この付け足しがあったからかはわかりませんが大卒以上の求人でも2次審査や面接までいくことが出来るケースが多かったのでよかったら真似てみてください。OOは自分らしい言葉で書いてみて下さい。

結果として私が今働いている会社の求人も大卒以上が条件でしたが専門卒の私でも入ることが出来ています。

ただ優良企業は応募が多いため、応募者の学歴のみ見て門前払いすることもあるので軽い気持ちで通ったらいいなくらいに思って応募してみて下さい。

リクナビNEXT ネクス子

もっと転職のスピードを早めたいならエージェントを利用するべきです。

もっと早めたい場合は転職エージェントを利用するべきです。

転職エージェントは1対1で転職をサポートしてくれます。

ただ時期によってはエージェントが忙しく、予定とマッチしないこともあります。

転職しやすい時期等の情報はこの後話しますが早く転職したい方は複数のエージェントに登録して

転職する熱意があること、こんな強みがあること(経験談等も)、譲れない条件があることを話してみて下さい。

ちなみにおすすめの転職エージェントをこちらに紹介します。

全て無料で利用できます。

1、リクルートエージェント

転職支援実績NO.1で私も利用しました。

担当者が丁寧で全体像や面接練習、自己PR等を一から説明してくれました。

個人的には一番おすすめです。

 

2、マイナビジョブ20’s

こちらは20代向けの転職エージェントになります。

他のエージェントとは違い20代に特化しているので

求人数も大きく違いますし、担当者も20代を優良企業に転職させるプロです。

 

3、type転職エージェント

20年以上の歴史があり非常に高い評判を得ているエージェントの1つです。

口コミでもエージェントの丁寧な対応の評判が目立ちます。

上記2社やDodaエージェントなど比べ評判は劣らないのに知名度が低い為、

登録者が少ないのが実情です。

その為、比較的サービスを受けやすいのでおすすめ隠れ優良エージェントです。

スポンサーリンク

転職のおすすめ時期は?

求人数が増えるタイミングは2〜3月、8〜9月です。

こちらの時期には普段よりも良い条件の求人や普段見られない企業の求人が掲載されることが多いです。

多くの人は2月から、8月から始めがちなので1、2ヶ月前の12月から6月から始め転職活動のスキルが高まったところで勝負をかけるのも良い方法です。

個人的には4〜5月もかなりおすすめです。

この時期は求人数は多くないですが、採用が一段落しライバルもグッと減ります。

しかし企業が4月からの新体制で不足している部署の求人やすぐに退職した人材の穴埋めで急を要する求人出てくるタイミングなので未経験で転職したい人には打って付けの時期なのです。

未経験のこちらとしては優良企業に入りたい、企業側としては人材を精査するのではなくある程度の人であればすぐにでも採用したい時期なので「調理師」からの他業種への転職を考えている方にとってはおすすめな時期です。

ただしっかり求人を精査し、その企業を調べみて『なぜ求人がこのタイミングで出ているのか』を考えた上で問題ないと思ったら応募してみて下さい。

まとめ

この記事を読んでやることが多く意外と面倒くさいなと感じた方も多いのではないでしょうか。

私も本格的に転職活動する前はかなり面倒くさかったですし、このままでも良いのでは?と思ってしまうほどでした。

ただこのままでは何も変わらないので思い切って行動してみることにしました。

その結果、他業種での転職を成功できました。

転職で成功する、希望の条件で再就職するには面倒ですが努力しなければなりません。

現在は売り手市場で職種、条件等を深く選べなければすぐに未経験からでも転職が出来てしまします。

ただこれだと転職できた瞬間だけは心地いいかもしれないですが何も解決しないですよね。

この記事を読んでいる方には良い転職先に就いて満足してもらいたいです。

私は転職までに5ヶ月かかり疲れましたし苦しみました。

転職を考えている方に5ヶ月は長すぎますよね。

今回の流れで行動してみると5ヶ月はかからないと思いますし、行動することで新たに見えてくることがあるので自分がどんな企業、業界に入れば良いかわかってくると思います。

私も経験したので大変な気持ちはわかりますが頑張って良い方向に進むこと願っています。

自己PR、面接時にどんなことに気をつければいいかなど調理師から未経験の仕事に着くまでの一通りの経験はしました。

お困りのことありましたらご協力しますのでお気軽にこちらにご連絡頂ければと思います。

agricole1014@gmail.com

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください