▶️ダイエットの停滞期で太るのはなぜ?いつまで続く?原因や注意点を解説!

【調理師専門学校を辞めたい】辞めるべきケースと中退後の進め方を解説!

この記事は「調理師専門学校を辞めたいと考えている専門学生」に向けて、調理師専門学校を辞める前に考えるべきことを書きます。

親や先生に相談すると、とりあえず卒業するように言われて、自分ではある程度決心しているのに悩んでしまう人も少なくないと思います。

こんにちは。ブログ運営者のYotaと申します。

過去に調理師として現場で5年ほど働き挫折したため、現在は食品メーカーで開発の仕事をしています。

今回の記事は実際に調理師として現場で働いた経験のある私の本音も入れつつ書きますので調理師専門学校を辞めるか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

【事実】専門学校を辞める人は少なくない。『約14%』

自分が調理師専門学校を辞めたいのは「普通じゃない?」、「忍耐力がない?」と思う方も少なくないはずです。

2018年のデータにはなりますが専門学校を卒業するのは全体の約86%で残り約14%は退学しています。

 

2018年 専門学校卒業率

入学者:267,668人

卒業者:230,921人

卒業率:卒業者/入学者 86.3%

他の年の統計を見ても大きく変化しないため全体の約14%は中退しているイメージです。

40人クラスだと5、6人ほど辞める計算になりますね。

私自身、調理師専門学校に通っていた時に40人クラスで4人ほど辞めましたので的外れな数値ではないと思います。

多くの人が専門学校を辞める理由は?

専門学校を辞める理由としてはどんなものがあるのでしょうか。

専門学生が辞める理由にフォーカスしたデータはありませんでしたが「大学・専門学校の中退理由」に関しての文部科学省のデータがありましたのでまとめてみました。

こちらのグラフから読み取る専門学校を辞めたい理由は大きくこちらのケースではないでしょうか。

  1. 学費が高く、就職を決断した
  2. 学習内容への不満から他の道(別の学校、就職)を選んだ
スポンサーリンク

【親と先生は一旦無視】調理師専門学校を辞めていいケースは?

一番大切なのは「今後も専門学校に通うことであなたにとってメリットがあるか」です。

自分にとってその専門学校に通うメリットがない場合は辞めるべきタイミングです。

親や先生に話したら止められるのは分かりきっていることですが、やりたい仕事や学びたいことが他にある場合は精神的にも辛い学校生活になりますね。

まずはなぜ辞めたいのかをまとめてみることが大切です。

ただ、一時的な気持ちに流されてしまって決断してしまうと、後悔に繋がるケースも少なくないです。

一旦、親や先生のことは考えず、自分の人生を決めるのは他でもない「自分」ですのでじっくりと自分と向き合ってみましょう。

調理師として働いた経験者からの意見

私は調理師として5年ほど、バイトも含めると7年ほど現場で働いた経験があります。

外資系ホテルとレストランの両方で働いたことがありますが、「専門学校の授業とは比にならないほどの作業量や大変さ」が就職後にまっています。

料理が好きであればこれ以上ない環境ですし、スキルをつけて出来ることが増えていきます。

しかしながらその大変さから辞める人がほとんどです。

調理師を辞めた私が言うことではないかもしれませんが、専門学校の友達の95%以上は就職して3年以内に辞めて他の仕事に就いています。

中途半端な気持ちで調理師になる人ほど就職後に後悔する傾向にあります。

一度、調理師としての夢や目標を明確にすると良いと思います。

ちなみに友人や先輩、後輩で調理師を辞める理由としてはこちらが多かったです。

  • 給料が低い(他の職業と比べておよそ3割低いです。)
  • 労働時間が長い(残業が100時間超えることもあります。)
  • 休みが少ない(職場にもよりますが週1回程度です。)
  • 暴力的な人がいる場合がある(体験しましたが職場にもよります。)
スポンサーリンク

親や先生を説得した後で「退学申請」をするべき

勢いで「退学申請」することはあまりオススメできません。

特に両親は専門学校に通わせるために何百万もの費用を支払っています。

私の場合ですが今思うと調理師専門学生時代につまらない授業など寝てしまうことが多々ありました。。

社会人になりお金を稼ぐ側になるとその学費を支払うために親がどれだけ苦労したかがきっと痛いほど分かると思います。

今は難しいかもしれませんが、両親はあなたが調理師専門学校を卒業し幸せに働いてもらいたいから高い学費を支払ったことを忘れてはいけません。

中退することは仕方ないことですが、まずは「中退したい理由と今後の方向性」をしっかりと親や先生に話しましょう。

【重要】調理師専門学校を辞める前に就職先を決めておく

他に学校へ転学する方は大丈夫ですが、転職する人で「辞めたいけど何をすればいいかわからない。。」って方も少なくないでしょう。

そういった方は中退する前に就職先を探しておくとストレスなく辞めることができますね。

私自身、転職サイトやエージェントをかなり利用してきましたが未経験から仕事を探す場合は「ワークポート」が本当におすすめです!

1人で転職活動するのは大変ですし、履歴書の準備や面接対策などはプロにお願いすると心強いですよ!

業界選びや企業研究など転職って準備に時間がかかるので1人で頑張るってかなり辛いですし、何からすればいいのかわからなくなってしまいます。

調理師専門学校を卒業するなら、学校が就職をサポートしてくれますが中退の場合は別です。

ネットを見ながら情報を集め、なんとなく転職活動を行なってしまうと間違った情報を取り入れてしまうので良いとは言えません。

他の転職サイトよりも未経験の就職に特化していながらも満足度が高い「ワークポート」を利用してみてください。

完全無料ですので損することは絶対にないです!

ワークポートの強み
  1. 転職支援サービスは完全無料
  2. いきなり就職先を勧められない
  3. 在学中でも相談可能
  4. 履歴書作成、面接対策、年収交渉など幅広くサポート
  5. 転職サポート期間の期限なし
  6. 無料WEB登録は60秒で出来る

未経験の転職ナビ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください