調理師を辞めるタイミングとは。判断基準を教えます。

こんにちは。

元調理師のYotaです。

私は元調理師で7年ほど働きましたが今は別の仕事に就いています。

先日、調理師、飲食を辞めたいと相談を受けたこともあってこの記事を書かせて頂きます。

辞めることは必ずしも良いことではありませんが辞めるか辞めないか自分で判断できることはとても大切です。

今日は調理師を辞めるタイミングや判断基準を教えます。

スポンサーリンク

調理師を辞めるタイミングとは。判断基準を教えます。

結論から言いますと明日、心から職場に行きたくない」と思っていたら辞めるべきです。

自分が料理を始めた楽しい気持ちや喜びよりも苦しさが強くて自分の気持ちがわからなくなった方は退職を考えて行動するべきです。

調理師はとてもやりがいのあるきつい仕事です。

ですがきっとあなたはやりがいのある経験よりもきっと辛い経験たくさんされたと思います。

本気で辞めたければ自分の気持ちを認めて辞めればいいのです。

噂になるのが嫌なでも本当に嫌だったら辞めていいのです。

辞める辛い経験も時間が経つと良い経験になります。

辞めた後、自分らしく生きようと行動すればするほど。

料理が辛くなってしまった方は他のことをすればいいのです。

一旦休んでもいいのです。

来月、来週辞めるくらいなら今日辞めて自分らしく一生懸命行動すればいいのです。

スポンサーリンク

次が決まる前に辞めていいです。

普通、次の職場が決まってからじゃないと辞めてはいけないと思いがちですが本当に辛い場合直ぐ辞めるべきです。

理不尽な言い方、暴力、セクハラ、サービス残業等本当に辛いと思います。

一般的に働きながら次の職場を決めるのはだいたい3〜6ヶ月と言われております。

私自身の場合、転職まで5ヶ月かかりました。

転職活動は体力が入りますので辛い職場で働きながら両方するのは絶対辞めた方がいいです。

日雇いの仕事をしてもいいと思います。

転職サイトやエージェントを利用してもいいと思います。

ただ「自分が何が嫌で辞めたいのか」を再確認すること、「どんな環境で働きたいか」を絶対まとめてください。 

せっかく転職するので良いところに就職して下さい。

基本的にどの転職サイト、エージェントを利用してもいいと思いますがそこを自分で強く持っていないと同じことを繰り返してしまいます。

こちらに他業種への転職の手順をまとめました。よかったら参考にして下さい。

『実体験』調理師から他業界への転職の手順を教えます。退職を考えている方に。
スポンサーリンク

自分の為にばっくれてもいいのです。

自分の為にばっくれてもいいと思います。

ばっくれると言うのはそのまま職場に行かず連絡せず辞めることです。

ばっくれたことによって電話がかかってくると思いますが無視すればいいですし、色々と心配になるかと思いますが

ばっくれたことで裁判になることはまずないです。

料理人時代、職場でばっくれた人を何十人と見てきました。

ですがその後、まず問い詰めることはなかったです。

ただ、給料等や自分の持ち物が職場に残っていたりとあると思うので話して辞めることが可能であるならば勧めます。

退職交渉が出来ないような環境だったら

通常であれば2週間前までの報告で辞められることが民法で定められています。

15日までに伝えれば確実に月末に辞められます。

ただ言いづらい状況だったり、受け入れてもらえず苦しい状態を強いられることあると思います。

また自分を抑えてしまい苦しいのに慣れると自分の気持ちがだんだんわからなくなりどんどん心が歪んでいきます。

本当に辛い方はこちらを利用してみて下さい。

依頼することで翌日から職場に行かなくていいですし、14日後に退職できます。

面倒な退職をあなたの変わりに完全代行!【退職代行ギブアップ】

法律のプロなのであなたにとって良い条件で辞めさせてくれます。

未払いの残業代、給料、有給も取ることができるで相談してみて下さい。

退職後にもお金は掛かってしまうので個人的にはこちらで無料で弁護士に相談してみて自分の方向性を考えるのがいいと思います。

また郵便局の内容証明を利用し辞める方法もあります。

『調理師を辞めたい人必見』内容証明を利用し退職意思を伝える手順

また私は「リクナビネクスト」で現在の食品メーカーの開発職に未経験で転職しました。

退職後の転職活動の参考になるかと思います。

良かったらご覧ください。

リクナビネクストで調理師から他業界に転職した実体験とオススメできる理由

まとめ

本当に今自分が苦しく改善していかないと思うならば直ぐ辞めるべきです。

それが自分が悪いのか相手が悪いのかは関係ないです。

私もたくさん辛い経験しました。恥ずかしいですが悔しくて泣きました。

他業界に転職した今でも料理は大好きですし転職して心から良かったと思えます。

あなたにとって自分らしく幸せな人生を生きてもらえたらと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください