飴もなかがまずい?まとわりつく食感に賛否?ギフトに最適との声も!

今回は飴もなかについて調査しました。

目次
スポンサーリンク

飴もなかとは

飴もなかは、新潟名物菓子の一つで、新潟県長岡市の長命堂飴舗で作られる和菓子です。

初代桂吉が2年の歳月をかけて完成させたと伝えられており、全国菓子大博覧会名誉金賞牌や新潟県推奨優良品にも受賞しています。

トロッと伸びるあっさりとした水飴と、香ばしいサクサクの最中皮の組み合わせで、あんこの代わりに中に入っています。

一口食べると、サクッとした食感と、甘くてなめらかな水飴の風味が口の中に広がります。

そのまま食べるのはもちろん、アイスやフルーツと組み合わせて食べるのもおすすめで、お茶やコーヒーなどの飲み物と一緒に楽しむのも良いでしょう。

長岡市の代表的なお土産としても人気があり、多くの人に親しまれています。

スポンサーリンク

飴もなかがまずい?微妙との声はなぜ?

新潟県の名物菓子として人気の飴もなかですが、その独特の作りから、一定数厳しい意見もありました。

まとわりつく食感

飴もなかは中が餡ではなく、水飴を使っているのが特徴ですが、その水飴が口にまとわりついて苦手と感じる方もいらっしゃいました。

水飴はもちもちとした食感を持つ特有の成分です。

水飴は砂糖と水を混ぜて煮詰めたもので、甘味を加えるだけでなく、もちもち感やなめらかな口当たりをもたらします。

この水飴が独特の食感を生み出し、もちもち感が好きな人には好まれることが多いですが、その飴のねっとり感が苦手な人や、歯が弱い人には食べにくいと感じるのではないでしょうか。

飴もなかは独特の食感と風味があり、それが好みに合うかどうかは個々の好みによるところが大きいはずです。

変わり種

通常の最中が好きな方には変わり種として感じる方も多いのではないでしょうか。

上記と少し重複しますが、水飴の食感と最中の皮の組み合わせが、餡との組み合わせが好きなかたにとっては苦手に感じる方もいらっしゃいます。

飴もなかは珍菓として美味しく食べる方も多いので、通常の最中とは別のものとして食べたほうが、美味しくいただけるのではないでしょうか。

また、飴もなかのなかでも変わり種の「長岡城」という抹茶、紫蘇、ミルク味の3種類展開しているものと、「おここ」という小粒のものもあります。

食感に不安を感じる方は、「おここ」で試してみるのもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

飴もなかの良い口コミ1:斬新な美味しさ

独特な食感に一定数苦手を感じる方もいらっしゃいますが、そこがまた美味しいと好評の声も多くあがっていました。

食感の組み合わせ

サクサクとした最中の皮と、ねっとりとした飴の組み合わせは、相反する食感でありながら、絶妙な調和を保っています。

その独特な組み合わせの虜になっている方が多くいらっしゃいました。

サクサクとした食感は、口の中で飴のねっとりとした食感を引き立て、また、飴の甘みや風味をより美味しく感じさせてくれるのではないでしょうか。

また、飴もなかは、冷やして食べると、より美味しくいただけます。

冷やすことにより、飴のねっとり感がより感じられ、また、サクサクとした最中の皮の食感も引き立ちます。

甘さがちょうどいい

水飴というと単に甘いだけとイメージする方も少なくないのではないでしょうか。

飴もなかの甘さは、一般的に甘さ控えめとされています。

飴は甘すぎると食べにくいですが、飴もなかの飴は、甘さ控えめで、食べやすいと評判です。

そのほっこりとした素朴な甘さに、ついつい食べ過ぎてしまう方も多いはずです。

日本茶ともよく合うので、ティータイムにぴったりの和菓子です。

飴もなかの良い口コミ2:お土産に最適

その珍しい食感から、お土産や手土産に選ばれることも多いのではないでしょうか。

お土産でいただいてから、ハマってしまう方も多い印象でした。

珍しい和菓子

前述したとおり、独特な食感が特徴である飴もなかは、珍しい和菓子として知られています。

最中は通常、あんこや白あんが入っているのが一般的ですが、飴もなかは、水飴を熱して固めた、ねっとりとした食感が特徴の飴が入っています。

また、最中と飴の組み合わせは、相反する食感であり、従来の和菓子とは異なる特徴があります。

このような特徴を持つ飴もなかは、新潟県長岡市の銘菓として知られているため、全国的にはそれほど知られていないのではないでしょうか。

だからこそ、新潟を訪れた際はお土産として選ばれることが多いのでしょうね。

日持ちする

飴もなかの賞味期限は製造日から約2か月です。

飴もなかの原材料には、水飴や砂糖、もち米粉など、保存料が含まれていないため、常温保存で日持ちします。

ただし、商品到着後の日持ち期限は、配送日数などにより異なる場合がありますので、商品到着後は早めにお召し上がりいただくのがおすすめです。

飴もなかは直射日光・高温多湿を避け、常温で保存してください。

飴もなかの美味しさを最大限に楽しむためにも、適切な保存方法を守り、賞味期限内にお召し上がりくださいね。

飴もなかはどんな人に向いている?

新潟名物菓子として知られている飴もなか。

伝統的な和菓子であり、その独特の風味と食感を楽しむことができます。

最中皮に水飴を詰めた珍しい和菓子であり、一般的なあんこ入りのもなかとは異なる独特な食感で、たくさんの方を魅了しています。

飴もなかは見た目も美しく、ギフトとしても喜ばれます。

また、全国菓子大博覧会名誉金賞牌や新潟県推奨優良品にも受賞しているため、品質も保証されています。

ただし、飴もなかは独特の食感があり、それが好みに合うかどうかは個々の好みによるところが大きいので、ご自身で試してみてはいかがでしょうか。

通販でもお取り寄せができるので、気になる方はぜひ一度ご賞味ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次