湯快リゾートのバイキングがまずいは嘘?人気メニューや口コミも紹介

今回は湯快リゾートについて評判を調査しました。

目次
スポンサーリンク

湯快リゾートとは

湯快リゾートは、2003年9月17日に設立された、西日本を中心に格安ホテルや温泉旅館を運営する企業です。

全館天然温泉でお食事は豪華バイキング、館内にはカラオケや卓球など無料で利用できる施設が充実していて、大変人気です。

廃業したり競売にかけられたりしている宿泊施設を買収して再生させる手法を用いて規模を拡大し続けています。

多様な地域で様々な楽しみ方のできる温泉宿泊のサービスを提供しています。

「ゆかいに楽しい時間を過ごしてほしい」という想いを胸に、旅を通して、温泉、食事、遊び、睡眠、くつろぎ、コミュニケーションの6つの体験価値を提供してくれます。

スポンサーリンク

湯快リゾートのバイキングがまずい?微妙との声はなぜ?

湯快リゾートといえばバイキングというほど、代表的な体験価値ですが、そのバイキングについて厳しい意見が多く一定数みられました。

食器の汚れが目立つ?

今回、食器の洗い残しが多々見受けられました。

飲み放題のグラスの汚れも目立ちました。

洗浄機使用されていると思いますので、食器補充する時に汚れの確認お願いします。

(引用:Yahoo!トラベル

料理が美味しく見えるためには、器が綺麗であることも重要です。

バイキングというと、食器は使いまわさず、新しい料理を食べるたびに変える方が多いのではないでしょうか。

その分、食器の量も洗う量も多いので、手洗いではなく食洗器を使用しているはずです。

一度にたくさんの食器が洗える反面、洗い残しがあることも少なくありません。

食器が綺麗かどうかは、バイキング形式であれば、食器補充の時しか確認するタイミングはありません。

お客様が手に取った時に気づいたのでは遅いですよね。

食事を楽しい時間にするには、料理だけでなく、食器の綺麗さも需要なのではないでしょうか。

期待しすぎた?

バイキングは今までも経験しましたが食事の質は正直言って普通でした。

魚介を蒸して食べるようになっていましたが、全然蒸し上がらなくて全部そのまま残してきました。

(引用:じゃらん

2023年の7月にリニューアルしたバイキングですが、料理のクオリティが低いと感じている方が一定数いらっしゃいました。

料理が冷めていたり、品数が少ないと感じている方もいらっしゃいました。

バイキングとは色々な料理を好きな時に好きなだけ食べられるという魅力があります。

ですが逆に、いつでも食べられるようにするには、出来たてでないことも多く、パサついているなどの美味しくないと感じる方もいるはずです。

ただ、料理の出てくるタイミングや料理の種類によって、感じ方も変わってくるのではないでしょうか。

メニューが少ない?

後、バイキングのメニューがちょっと少いと感じました。

ライブキッチンは、そこそこの味でした。

美味しい料理も何点かはありますが、全体的に残念感が拭えません。

プレミアムバイキングに変わったと記載されてたので期待していたので余計にそう感じたかもしれません。

(引用:Yahoo!トラベル

想像していたよりもメニューが少ないと感じている方もいらっしゃいました。

プレミアムバイキングという名が期待値を上げてしまった可能性もあるのではないでしょうか。

プレミアムバイキングは対象ホテルによってメニューも異なるので、ホテルによっては一部メニューがないなんてこともあるはずです。

必ずしも全てのホテルが統一されているわけでなく、ご当地の厳選された食材を使っているので、メニューはそれぞれ異なることもあります。

結果として、メニューの量に差が生まれてしまっているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

湯快リゾートのバイキングの良い口コミ1:気軽に温泉が楽しめる

厳しい意見がいくつかありましたが、気軽に温泉を楽しめると好評の声も多くありました。

湯快リゾートは、全国各地の温泉地に展開しており、全館天然温泉で日々の疲れを癒してくれます。

リーズナブル

湯快リゾートは、比較的リーズナブルな価格で宿泊できることで有名です。

湯快リゾートには3つのブランドタイプがあります。

日本屈指の名湯とワンランク上のお食事、充実の体験で、いつもの旅をちょっと贅沢にしたい方に向けたプレミアムタイプ。

有名温泉地で楽しむ天然温泉と種類豊富なバイキング、そして心づくしのおもてなしで、お子様から大人までご満足いただける旅がリーズナブルに叶うスタンダードタイプ。

“わんちゃんとずっと一緒”をコンセプトとした、わんちゃんと泊まれるホテルでゆったりと過ごしたい方におすすめのわんわんタイプ。

ブランドタイプによって価格は異なってきますが、それぞれが価格以上の癒しを提供してくれるのではないでしょうか。

接客がいい

湯快リゾートのスタッフは、笑顔で挨拶をし、お客様に気持ちよく過ごしていただけるよう、心を込めて接客しています。

チェックインやチェックアウトの際、常に笑顔で対応し、お客様の質問や要望に丁寧に答えてくれることや、お客様が荷物を運ぶのを手伝ったり、食事の際には、好みや苦手なものを聞いて、配慮した料理を用意したりするなどの対応がされています。

また、日本語だけでなく、英語や中国語などの外国語も話せるスタッフもいるので、外国からの旅行者も安心して宿泊することができます。

接客がいいとそれだけで疲れが癒されるのではないでしょうか。

湯快リゾートのバイキングの良い口コミ2:くつろげる場所

旅行というのは日々の疲れを癒すことなので、くつろげる空間づくりは大切ですよね。

低価格で楽しめるだけでなく、その至る所に湯快リゾートのこだわりが詰まっていました。

泉質がいい

湯快リゾートの温泉は、各施設で異なる自家源泉を使用しています。そのため、温泉の種類は施設によります。

泉質や効能もさまざまであり、また、露天風呂や貸切風呂など、さまざまなタイプのお風呂が用意されているので、お好みに合わせて楽しむことができます。

これらの温泉は、含まれている化学成分や温度、液性 (pH)、色、匂い、肌触りなど様々な特徴や効能があります。

具体的な温泉の種類や効能については、各湯快リゾートの公式ウェブサイトでご確認ください。

豊富なバイキングメニュー

メニューの量については、一部厳しい意見もありましたが、それ以上に多くの方がメニューの多さに喜びの声をあげていました。

湯快リゾートのバイキングメニューは、和食、洋食、中華など、さまざまな料理が用意されていて、季節の食材を使った料理も楽しめます。

例えば、秋には栗やきのこ、冬にはカニや牡蠣など、旬の食材を使った料理がバイキングメニューに登場します。

湯快リゾートのバイキングは、豊富なメニューと季節感あふれる料理が魅力ですので、ぜひ一度、ご賞味ください。

遊びが充実

湯快リゾートでは館内の遊戯設備が充実していることも人気の理由の一つです。

ボールプール、滑り台、トランポリンなど、小さなお子さんが喜びそうな遊具が揃っているキッズパークや、大切な愛犬との旅行が楽しくなるような屋内ドッグランやcafeスペースもあります。

その他にも、卓球コーナーや漫画コーナー、カラオケルームなど、子供から大人まで楽しめる施設が充実しています。

これらの遊びは、湯快リゾート各ホテルで提供されていて、具体的な遊びの内容や提供されているホテルは、公式ウェブサイトでご確認ください。

湯快リゾートのバイキングの人気メニューを紹介

バイキングがメニュー豊富だと嬉しい反面、迷ってしまいますよね。

なかでも人気のメニューをいくつか紹介したいと思います。

ご当地プレミアムバイキング

ご当地プレミアムバイキングは、プレミアムタイプのホテルで用意されている、旅先だからこそ食べたいご当地メニューが揃っているバイキングです。

ご当地の名物料理や自家製ローストビーフなど、厳選した素材を1つひとつ丁寧に調理した料理がたくさんあります。

ライブキッチンでは、シェフたち自慢の調理ショーを目の前で見ることができるので、美味しさも楽しさも倍増し、五感を刺激する食体験を心ゆくまでご堪能いただけます。

焼肉・寿司バイキング

こちらもプレミアムタイプのホテルにあるバイキングで、不動の人気を誇る寿司と焼肉を同時に楽しめる贅沢バイキングです。

厳選されたお肉は種類も豊富で満足すること間違いなし。

また、日本の食文化の象徴である寿司は、定番寿司から創作寿司まで用意されています。

焼きたての香りや、色とりどりに盛り付けられた品々は食欲をそそるのではないでしょうか。

本格的な焼肉と、豪華な寿司をどちらも楽しみたい方におすすめです。

湯快リゾートのバイキングはどんな人に向いている?

リーズナブルに宿泊できる湯快リゾートは多くの方に愛されています。

泉質のいい天然温泉は日々の疲れを癒してくれて、豪華バイキングは美味しいものをたくさん食べたい方には嬉しいポイントですよね。

各ホテルごとにカラオケや卓球などのエンターテイメント施設も充実しており、子供から大人まで楽しむことができますし、ペットと一緒に宿泊できるタイプのホテルもあります。

これらの特徴が、リーズナブルな価格で体験できることは多くの方々にとって魅力的な選択肢となるでのではないでしょうか。

様々なタイプのホテルがあり、それによって施設も異なるので、ご自身の旅行のお好みに合わせてご利用されてみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次