長久手イオンが閉店ラッシュ?なぜ?4つの理由やリニューアルの背景についても調査

イオンモール長久手は、愛知県長久手市に位置する大型ショッピングセンターです。

その広大な敷地には、様々なショップやレストラン、エンターテイメント施設が集結しており、地域住民や観光客にとって魅力的なショッピングスポットとなっています。

イオンモール長久手は、買い物だけでなく、家族や友人との楽しい時間を過ごす場としても知られており、週末には多くの人々で賑わっています。

しかし、近年では一部のテナントの閉店が話題になっています。

目次
スポンサーリンク

イオンモール長久手のテナントが閉店するのはなぜ?

閉店するテナントが増えている理由としては次のような理由が挙げられます。

理由1:2023年3月17日のリニューアル

2023年3月17日のイオンモール長久手のリニューアルは、地域のお客様にもっと身近で便利なモールを目指し、新しいライフスタイルグッズやファッションを取り入れたものでした。

このリニューアルにより、新規に17店舗を含む合計39店舗が刷新され、駅前棟2階の通路幅や床も新たに整備されました​​。

特に目立ったのは、2階に約650坪の大きさで新たにオープンした「ニトリ」です。

ここでは、大型家具から暮らしを彩るインテリア用品まで、幅広い商品が展開されています。

また、環境配慮型商品を展開するダイソーの新業態「Standard Products」も新規出店し、オリジナルアイテムをそろえた「THREEPPY」の商品も取り扱っています​​。

4階には、韓国食品や雑貨、コスメを取り揃える「パンチャパンチャ」が新規オープン。

ここでは、定番から最新の話題の商品まで、韓国文化の魅力を存分に楽しむことができます​​。

また、ファッションに関しては、2階にレディースファッションを取り扱う「LEPSIM」、ニトリグループのアパレルブランド「N+」、メンズアイテムを揃える「HIDEAWAYS」が新規出店。

これらは特に大人の女性やメンズファッションに焦点を当てた店舗です​​。

3階では、ベビーやキッズ向けの最新トレンドファッションを提供する「GU」が約280坪の売場面積で新たにオープンしました。ここでは、ファミリー層にも注目される商品が豊富に揃っています​​。

グルメ面では、1階に「わくわく広場」が新規オープンしました。

ここでは、新鮮な地元の食材や手作りのお弁当、和洋菓子などが提供され、地域密着型のグルメスポットとなっています​​。

また、3階にはとろける自家製チャーシューが自慢の「麺や蔵間」が新規出店し、ラーメン好きには見逃せないスポットです​​。

さらに、4階には「VEGEGOオヌレシクタン&café」がオープンし、韓国の家庭料理をバラエティ豊かな定食スタイルで提供しています​​。

教育面では、1階に完全マンツーマン指導をこだわりとする個別指導塾「個別教室のトライ」が新たにオープンしました​​。

このリニューアルは、イオンモール長久手を新しい時代に合わせて再構築するための一大プロジェクトであり、顧客層の拡大と共に、地域の新しいニーズにも応える施策となっています。

ただし、この過程で長年のファンや地元住民に愛された店舗のいくつかが姿を消すこととなり、これに対する寂しさや違和感を感じる声もあります。新旧のバランスを取りながら、これからのイオンモール長久手の進化に期待が高まります。

理由2:コロナによる消費者の変化

新型コロナウイルスの流行は、私たちの生活に多大な影響を与えてきました。

特に、ショッピングの習慣において顕著な変化が見られます。

以前は週末になると、家族や友人とショッピングモールに足を運ぶのが一般的でしたが、コロナ禍により、多くの人々がオンラインでの買い物にシフトしています。

これは、感染リスクの回避だけでなく、自宅での快適さや利便性を求める声が高まっていることに起因していますね。

イオンモール長久手も、この変化の波に影響を受けており、特に小規模店舗や飲食店にとって大きな打撃で、売上の減少や経営難を引き起こしています。

また、若い世代の間では、ファッションアイテムや電化製品のオンライン購入が一般化し、実店舗への足が遠のく傾向にあります。

この状況に対応するため、イオンモール長久手では、オンラインとリアルの融合を模索しています。

例えば、オンラインで商品を選んで店舗で受け取る「クリック&コレクト」サービスの導入や、店内での商品体験をオンライン上で共有する試みなどが行われています。

また、店舗のデジタル化を進めることで、新型コロナウイルスの影響を受けにくい経営体制への移行を図っています。

しかし、実店舗の魅力はオンラインでは決して代替できないものがあります。

店舗での体験、直接的な人とのコミュニケーション、商品を手に取ってみる感触など、実店舗ならではの価値を再認識することも大切ですね。

そのため、イオンモール長久手では、消費者のニーズに応えるために、オンラインとオフラインの良いところを融合させた新しいショッピング体験の提供が求められています。

これからのイオンモール長久手は、変わりゆく消費者の行動パターンに対応しつつ、新しいショッピングの形を模索していく必要があるでしょう。

その過程で、地域の人々と共に成長していくことが期待されています。

理由3:テナント料の高騰

可能性の一つとして挙げられるのがイオンモール長久手テナント料の高騰です。

ショッピングモールのテナント料の高騰は近年の経済状況の変化と密接に関連しています。

この高騰は、特に一等地に位置する店舗で顕著に見られ、賃料の上昇率は過去数年で顕著になっています。

これは、ショッピングモールが立地する地域の不動産価値の上昇や、商業施設の需要増によるものです。

他に事例ですが、これまで月額100万円だった賃料が、数年の間に150万円以上に上昇するケースもあるようです。

このような状況では、利益を維持するためには売上を大幅に伸ばす必要があり、特に景気の低迷期には経営を継続することが困難になりますね。

テナント料の高騰は、ショッピングモール内の店舗の多様性にも影響を及ぼしています。

高い賃料を支払うことができる大手チェーン店や人気ブランドが優位に立つ一方で、地域に根差した独自の魅力を持つ小規模店舗や新規参入者は場所を確保するのが難しくなっています。

これにより、モールの個性や多様性が失われる可能性があり、地域住民やリピーターにとっての魅力低下につながるかもしれません。

理由4:原料の高騰

近年、世界経済の変動により、特にアパレルや飲食業界を中心に原料価格の高騰が顕著になっています。

この高騰は、ショッピングモール内のテナントにとって大きな課題となっており、イオンモール長久手も例外ではありません。

例えば、綿やポリエステルなどの繊維原料や、食品業界で使用される油脂、穀物などの価格がここ数年で急激に上昇しています。

この原料高は、特に輸入品に依存している店舗にとって大きな影響を及ぼしています。

海外からの輸入素材を使用するアパレル店舗では、製品の仕入れコストが増大しており、これが商品価格の上昇につながっています。

また、飲食店では、特に輸入食材を使用するレストランやカフェで、メニューの価格見直しを余儀なくされていますね。

このような状況は、消費者にとっても影響があります。

商品価格の上昇は、購入力の低下を意味し、結果としてショッピングモールへの来店頻度や購買意欲に影響を及ぼす可能性があります。

店舗側では、原料高に対応するために、価格転嫁だけでなく、商品の品質維持や品揃えの工夫、コスト削減のための効率化など、多角的な対策が求められています。

さらに、環境問題への意識の高まりに伴い、持続可能な原料の使用やエコフレンドリーな商品への需要も増加しています。

これにより、テナントは原料の高騰に加えて、環境に配慮した商品開発や、持続可能なビジネスモデルへのシフトも迫られています。

イオンモール長久手におけるテナントは、このような複雑な経済状況の中で、柔軟性と創造性を持って対応していく必要があります。

消費者のニーズと環境問題への意識を踏まえつつ、持続可能な経営を目指すことが、今後の大きな課題ではないでしょうか。

スポンサーリンク

イオンモール長久手はなぜ人気なの?

イオンモール長久手の人気の秘密は、その多様性と利便性にあります。

このモールは、さまざまなニーズに応えるために、一つの場所にショッピング、飲食、エンターテイメントを集約しています。

ファッションや雑貨、家電から、子ども向けのおもちゃ、専門店まで、多種多様な店舗が揃っています。

これにより、幅広い年代の人々が、それぞれの目的に応じて訪れることができますね。

また、広大な敷地と充実した駐車施設は、家族連れや大人数のグループにとって特に魅力的です。

週末や休日には、近隣住民だけでなく、遠方からの訪問者も多く、モールは活気に満ちています。

さらに、定期的に開催されるイベントや、季節ごとに変わるデコレーションは、訪れるたびに新しい驚きと楽しさを提供しています。

特に、子どもたちを対象としたイベントやワークショップは、家族連れにとって大きな魅力の一つです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ダイエット食品やレトルト食品などの開発経験、調理師としてレストランやホテルで働いた経験などをもとに独自目線で世の中の気になる情報を調査しています。

目次